「自動車」の書籍

ダットサンの忘れえぬ七人

設立と発展に関わった男たち

新訂版

下風憲治著 片山 豊監修/本体2,000円+税/ISBN978-4-89522-679-0/2017年11月発売

ニッサンを世界のブランドへと成長させた「ダットサン」。その設立と発展に貢献した、橋本増治郎をはじめ、鮎川義介など七人の足跡を丹念に調べ上げ、自動車産業の黎明期をふりかえる。2010年3月刊行の同書の新...

詳しくはこちら


BMWミニの世界

ドイツが受け継ぐ英国の伝統

相原俊樹著/本体4,000円+税/ISBN978-4-89522-676-9/2017年10月発売

歴史的名車「ミニ」後を受け継ぎ、その愛嬌のあるスタイリングなど、日本でも人気のBMWミニ。その生い立ちと3世代の変遷について、日本の情報のみならず、日本では入手しにくい英国での評論などを、現地の雑誌な...

詳しくはこちら


東京モーターショー ニッサン/プリンス編

1954~1979

新装版

トヨタ博物館 元学芸員 山田耕二著/本体3,600円+税/ISBN978-4-89522-682-0/2017年10月発売

数々の名車を生んだニッサン/プリンス。東京モーターショーはその発表の場でもあった。本書では自工会やメーカーに保管されていた会場や展示車両を撮影した貴重な写真を発掘、1954~79年までの展示の様子を詳...

詳しくはこちら


東京モーターショー トヨタ編

1954~1979

新装版

トヨタ博物館 元学芸員 山田耕二著/本体3,000円+税/ISBN978-4-89522-681-3/2017年10月発売

最新のクルマや技術、未来への提案などが展示され、人々を魅了してきた東京モーターショー。1954年の第1回から1979年までのモーターショーの変遷を、トヨタを中心に貴重な写真とともに解説する。2013年...

詳しくはこちら


スズキカプチーノEA11R+21Rメカニズムブック

リブビット・クリエイティブ 編/本体2,000円+税/ISBN978-4-89522-678-3/2017年10月発売

流用パーツを用いながらも、随所に「こだわり」の専用設計がみられるカプチーノ。本書では、そのスポーツカーとしての性能を部品単位の視点で、多くの写真・図版を用いて解説。A5判。2012年刊行の同書の新装版...

詳しくはこちら


スズキカプチーノ EA11R 1991-1995 メンテナンスブック  

新装版

リブビット・クリエイティブ編/本体2,000円+税/ISBN978-4-89522-677-6/2017年9月発売

F6A型エンジンを搭載したモデルの「足回り」「吸排気系」「エンジン関係」など、項目別に多くの写真で手入れの手順を紹介。初心者にもわかりやすく説明したメンテナンスガイド。2011年刊行の同書の新装版。...

詳しくはこちら


マツダRX-7

ロータリーエンジンスポーツカーの開発物語

新訂版

初代RX-7開発責任者 望月澄男他著/小早川隆治編/本体4,000円+税/ISBN978-4-89522-675-2/2017年9月発売

世界でも唯一のロータリーエンジン搭載スポーツカーとして、人気が高まり続けている歴代RX-7。本書は3世代の開発に携わった当事者の方々がみずから執筆した、唯一無二の書籍。開発時の様子を伝える写真や図版な...

詳しくはこちら


メルセデス‐ベンツ

歴史に残るレーシング活動の軌跡 1894-1955

新装版

宮野 滋著/本体2,800円+税/ISBN978-4-89522-671-4/2017年7月発売

多くの逸話とともに、今なお根強いファンがいる戦前・戦後期ベンツのレース活動を写真と共に解説する。メルセデス・ベンツ本社が保管する当時の写真から200点以上を厳選して収録し、巻末にはレース結果表も収録し...

詳しくはこちら


定本 本田宗一郎伝 三訂版

新訂版

ノンフィクション作家 中部博著/本体2,400円+税/ISBN978-4-87687-669-1/2017年6月発売

2001年の初版刊行以来、版を重ねながら熟成を続けてきた本書がホンダ創業70周年を記念して「三訂版」として刊行。 著者が日本や米国など、各地にその足跡を辿る取材や調査を25年以上も続け、ホンダの優れ...

詳しくはこちら


日本の自動車レース史

多摩川スピードウェイを中心として 1915-1950

トヨタ博物館元館長 杉浦孝彦著/本体3,800円+税/ISBN978-4-89522-667-7/2017年3月発売

戦前のレース活動は、自動車大国・日本において「礎」となっているが、その舞台となったアジア最古の常設サーキットの多摩川スピードウェイは、1936年の開設から80周年を迎えた。本書は、当時の関係者や博物館...

詳しくはこちら


^