automobile
スバル デザイン
スバル デザイン
スバルデザイナーが貫く哲学──継承とさらなる進化
新装版
御堀直嗣著
■定価 本体3,600円+税 ■ISBN978-4-89522-740-7
■2020年9月発売

人は、クルマのどこに「格好よさ」を感じるのか──。SUBARUデザイン部長石井守氏へのインタビューで、クルマのデザインとは何かをひもとく。SUBARUは、戦時にあってもパイロットの生命重視を貫いた中島飛行機のDNAを受け継ぐメーカー。安全性にこだわり、かつ乗る人をワクワクさせるクルマのカタチを、どのようにつくりあげていくのか。歴代名車のデザイン現場の風景やデザインスケッチなど、他では見ることのできない貴重な写真もふくめ、オールカラー写真450点以上を掲載して語った初の書籍。 2018年刊行の書籍のカバーを、新型レヴォーグ発表のタイミングでリニューアルし、価格を抑えた「普及版」。

amazon.co.jpで購入セブンアンドワイで購入 直接購入

【目 次】
巻頭グラビア
ショーで魅せるティザーカーから量産車へ
コンセプトカー「VIZIV」シリーズ

SUBARUデザインの根底に流れる100年の夢 石井守

SUBARU 100年のデザインの変遷をみる

第1章 カーデザインとは何か?
第2章 カーデザインの手順
第3章 SUBARUデザインの変遷
第4章 SUBARUデザインの哲学
第5章 1980年代以降のSUBARUデザインの足跡
第6章 SUBARUデザインの現在、そして未来

おわりに 御堀直嗣
本書刊行までの経緯

688-1.jpg
688-2.jpg
688-3.jpg

サンプルPDF