edoera
江戸時代の性愛文化 秘薬秘具事典
江戸時代の性愛文化 秘薬秘具事典
新装版
渡辺信一郎著
■定価 本体3,000円+税 ■ISBN978-4-89522-622-6
■2014年2月発売

江戸時代の庶民は、性を楽しむためいま以上の効き目の秘薬や、秘具においては職人が手掛けた芸術品とも言えるものを用いていた。それらについて、効能や実際の使用例を、詳細な図版と合わせて紹介する。

amazon.co.jpで購入セブンアンドワイで購入 直接購入

まえがき
古川柳出典凡例
壱 秘薬の部
 第一 内服
 第二 男性が塗布
 第三 女人への塗布
 第四 秘薬多々
 第五 勃起不全
 第六 男色用
 第七 婦人薬
弐 秘具の部
 第一 女人専用
 第二 閨中女悦の具(男性使用)
 第三 閨中女悦の具(女人使用)
 第四 男性独薬用
あとがき

622-01.jpg
622-02.jpg

サンプルPDF