ニュース
News
2018年5月22日

BMWミニ新型発表会に出席しました。その様子をお伝えします。(レポート:相原俊樹)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 2018年5月16日、ビー・エム・ダブリュー(株)は新型ミニを発表した。発表会の席上、MINI本部長フランソワ・ロカ氏によるオープニングスピーチが印象的だったので、これを中心に紹介しよう。

IMG_0249.jpg

IMG_0254.jpg

IMG_0258.jpg

IMG_0268.jpg

 2002年に登場したBMWミニは世界的な人気を博し、我が国でも8年連続で販売台数を伸ばしてきたと前置きし、同氏は人気の秘密を支える最大の貢献者はその高い商品性にあると説明する。具体的には多彩なバリエーションと限定車。数多くのボディスタイルと、ガソリン、ディーゼル、PHEVといった複数のエンジンを提供し、多様化する顧客の好みに柔軟に対応したこと。そして希少性の高い限定車で潜在顧客の購買意欲をかき立てたことを挙げる。
 世界中で売られているミニだが、とりわけ日本市場では好調だ。ロカ氏はその理由として商品性、ブランド力、人材という3つの要素を挙げ、そのどれもが重要だが、日本市場では人材の力が大きいと力説する。ミニには筋金入りのファンが多い。そうしたファンの期待に応える力量を持ったディーラーが、マンツーマンの形で顧客をフォローしている、これがミニ人気を下から支えているという氏の分析は興味深い。
 「しかしこれまでの路線を踏襲していたのでは、今後の安定的な販売の伸びは期待できません」と氏はさらなるミニ市場の拡大に意欲を燃やす。その決め手になるのが「より輝かしい先進的なライフスタイルの実現」であり「クリエイティブなソリューションの提供」であるという。やや抽象的な表現だが、従来のブランド力に加えて、ミニが主導的な立場に立って、あらたな付加価値を創造することが重要なテーマだと説明する。
 この日の発表会では、"リビング"、"ファション"、"ADO"、"アーバンX"と4つの示唆的なキーワードが示されたに留まったが、本年中に新型ミニを中心に据えた新しいアクティビティが徐々に展開されていくそうだ。
 当日発表になったのは3ドア、5ドア、コンバーチブルの3モデル。ひと言で言えば、従来モデルからの正常進化版である。機構面ではトルクコンバーターの代わりに7速DCTが採用になったことが注目。3ドアの場合、全長3835×全幅1725×全高1430mmと、従来形と変わらず、依然として混んだ都市部での取り回しに便利なサイズに収まっている。

May 16, 2018, BMW Japan released the new MINI. Mr. Francois Roca, leader of MINI Marketing Department, made an opening speech--an impressive speech it was.
Debuted in 2002, BMW MINI has been enjoying world-wide popularity. Japan market also saw the sales growth in 8 consecutive years. Roca explains there are 2 major contributors for the good sales; one is the wide variety of the lineup, the other, the limited editions.
Roca further analyzes the reasons of the success in this country to refers to 3 factors; "Brand", "Product", and "People." He explains any of these three are vital, but emphasis that in Japan,"People" is playing much more important role than in rest of the world. He says in Japan, those who are working at the dealers are competent enough to cater for a variety of requests from customers, and sees the quality of workforce means a lot.
Not too flattered by the performance hitherto, Roca exhibits a new strategy for further success in MINI market. Under the motto "Creative Solutions for a Brighter Urban Life", he foresees MINI, itself an industrial product, will be a meaningful tool to create a brighter urban life.
In this context, he refers to 4 suggestive keywords; "living", "fashion", "ADO", and "Urban X." Although not steps into details in today's presentation, Roca promises he will show some specific examples of the idea toward the end of this year.
He repeats his intention that MINI will aim to create "brighter urban life" in this country, and that's what his opening speech sounds all the more impressive; Mr. Roca, who has been assigned to the current position by Munich headquarters, enthusiastically speaks of brighter urban life in Japan.
An executive of a car manufacturer coming from outside Japan says he is determined to make lives in our major cities brighter. Isn't it encouraging?