automobile
マツダ スカイアクティブエンジンの開発
マツダ スカイアクティブエンジンの開発
高効率と低燃費を目指して
新訂版
監修:マツダ㈱ 常務執行役員 人見光夫
取材・執筆:モータージャーナリスト 御堀直嗣
■定価 本体2,000円+税 ■ISBN978-4-89522-659-2
■2016年8月発売

誕生以来、マツダ車の重要な役割を担い続けるスカイアクティブエンジン。本書は、その誕生の経緯と技術的特徴について、当時の担当者の証言と資料で紹介する。さらに、その後に登場し、2016年7月に発売された新型アクセラにも搭載の1・5Lディーセルと、海外向けの2・5Lガソリンターボエンジンに関する内容を追加した、増補新訂版として刊行。

amazon.co.jpで購入セブンアンドワイで購入 直接購入

序章 はじめに
 SKYACTIV 登場    
第1章 SKYACTIV 総論(人見光夫の言葉)
 「効率の追求」と「7 つの因子」 
第2章 SKYACTIV への手掛かり
 ダウンサイジングとは異なる道  
第3章 SKYACTIV-G ①
 ガソリンエンジン技術  
第4章 SKYACTIV-G ②
 制御技術  
第5章 SKYACTIV-G ③
 開発プロセスと生産の変革  
第6章 SKYACTIV-G ④
 CAE の活用
第7章 アイドリングストップ技術i-stop
 バッテリーマネージメントシステム
第8章 減速エネルギー回生システムi-ELOOP
 キャパシターで実現
第9章 SKYACTIV-D ①
 エンジン技術
第10章 SKYACTIV-D ②
 電子制御システム
第11 章 SKYACTIV-G 過給エンジン
 ダウンサイジングSKY登場
終章 人見光夫の言葉
 マツダ技報巻頭言抜粋

 参考文献等
 あとがき

659_06.jpg
659_09.jpg
659_12.jpg

サンプルPDF