三樹書房
トップページヘ
syahyo
第125回 三樹書房ファンブック創刊号FD RX-7
2021.3.29


出版業界もコロナウィルスの影響を大きく受けている中で、自動車に関する書籍がメインな三樹書房&グランプリ出版は懸命な努力を続けられており、頭が下がるが、このたび三樹書房がお求めやすい価格で販売される「Historic Car Book」シリーズ】(通称ファンブックシリーズ)を立ち上げ、その第一弾としてFD RX-7が選択されたことを大変うれしく思っている。今後もシリーズにふさわしいクルマを慎重に選出し、年に2冊程度ずつ刊行してゆく予定とのこと。このようなシリーズが定着、拡大してゆくことは日本におけるクルマ文化の定着と発展にとっても大変貴重なことだと思う。発刊に際して動画も含まれた以下の三樹書房ホームページをご覧ください。

http://www.mikipress.com/books/2021/03/-rx-7fd.html

04-dai12501.jpg

本書の内容
「アンフィニRX-7(FD):初期型(1型)の商品紹介と技術解説」
「マイナーチェンジの記録 : 2型から6型までの技術解説」
「特別仕様車:歴代11車種の解説」に加えて
私の「FD開発の足跡と背景」
貴島孝雄氏による「FDの育成:さらなる進化をもとめて」
生産台数、輸出台数、ロータリーエンジンの歴史年表
など多岐にわたる内容となっている。

その広範囲なデータ、資料、写真は、自動車史料保存委員会が収集したもので、具体的には新車発表時のニュースリリース、広報資料、歴代のカタログ、さらには販売マニュアルやマツダ技報などを参照し、その記述を丁寧に読み込んだもので、写真についてはマツダウェブサイトのニュースルームの写真、貴島さんや私からの提供、以前から自動車史料保存委員会が収集、蓄積してきたものなどが活用されている。

04-dai12503.jpg
イギリスの出版社Veloceから出版されたブライアンさん執筆の3冊のFD関連ブック

04-dai12504.jpg
ブライアンさんが所有されていた1999年式のFD

04-dai12505.jpg
そのブライアンさんのFDと私

Brian Long(ブライアン・ロング)さん
イギリス人の自動車歴史家(Automobile Historian)ブライアン・ロングさんと、ブライアンさんのFD RX-7に対する思いをご紹介したい。ブライアンさんは1967年、かつてのイギリス自動車産業の中心地コヴェントリーで、エンジニアリングとかかわりの深い一族のもとで生まれ、幼くして自動車と深いかかわりをもつようになった。奥様の美穂さんとは、イギリス留学中に結婚され、その後は千葉に在住されている。これまでに90冊近いクラシックカーを中心にした本を執筆、主にイギリスの出版社Veloce から出版されてきたが、私も大変長いお付き合いを続けており、2011年に三樹書房から出版されたポルシェ911(1963-1973)では出版のお手伝いをさせていただいた。FD RX-7に関しては写真のようなブライアンさん執筆の3冊がVeloce社から出版されただけではなく、1999年式のType RB S-Package を所有もされてきた愛好家でもある。以下がブライアンさんのFDに対する想いだ。

『時代を問わずクルマの愛好者たちは何か特別なものを求める。そして多くの場合、魅惑的なモデルは非常に高額な上に、実用性には乏しく、それ1台で日常性生活をカバーすることが難しい。しかしFD RX-7は違う。やりたいことがすべて可能といってもいいぐらいで、レーシングカーのような走り、セクシーなスタイルにマッチした素晴らしいパワートレインとハンドリングを供えているだけではなく、多くの生活シーンを満足させるラゲージスペースも備え、日常生活に対しても大変アットホームなクルマで、価格も魅力的だ。これは決して机上の空論ではない。なぜなら私もこのクルマをしばらくの間所有し、ロータリーロケットとでもいえるモデルに多くの素敵な記憶が残っており、今では手放したことを大いに後悔しているからだ。』

『マツダRX-7 FDプロファイル』の発売直後に本書を購入された読者の方から寄せられたご感想を紹介したい。

(前略)新刊の『マツダRX-7 FDプロファイル』を読んでFD3Sと言うピュアスポーツ車開発の裏側の事が良く分かり、RX-7(FD3S)にマツダが込めた思いも良く分かりました。これまでは私も含め一般ユーザーが読むのはCG(カーグラフィック)誌などの評価する側からの記事でしたが、造り手側の想いを知り、今まで疑問に思っていたことも分かってきました。北米でFD3S販売開始直後だったかと思いますが、マツダのコマーシャルでカートの車載映像が使われていて、その動画を通じてクルマを操る愉しさを伝えていましたので、何でレーシングカートなの? と当時は思いましたが、本書を読み理解出来ました。マツダスタッフ(技術者)の方々は走るのが好きなんですね。スポーツカーの本質を知るドライバーの夢を叶えるために、この先もドライバーを満足させてくれる車を期待しております。(後略)

山本健一氏による基調演説の骨子
本稿を締めくくるにあたり、1986年6月にユーゴスラビアの首都ベルグラードで開かれた国際自動車技術会連盟(FISITA)のWorld Automotive Congressでマツダの山本健一社長(当時)がされた基調演説の骨子をお伝えしたい。なぜならばロードスターやFDの開発に着手したころには、山本社長の以下のような哲学がマツダのクルマづくりに深く浸透しつつあったからで、FDやロードスターなどの開発に際しても非常に大切な指針となったので、まずはロードスター、FDRX-7に関して簡単にふれてから基調演説の骨子に続けたい。

04-dai12511.jpg

車評オンライン第123回でご報告したようにロードスターの誕生の大きな原動力となったのは山本健一氏だ。この写真は初期の構想に基づきFRファミリアをベースにイギリスで試作されたメカニカルプロトタイプで、米国での走行評価時に多くの人たちの関心をあつめ、初代ロードスターの開発につながっていった。

04-dai12512.jpg

04-dai12513.jpg

そして平井敏彦氏が開発責任者に任命され初代ロードスターの開発が始まったが、平井敏彦氏がロードスターの基本コンセプトとして提唱したのが「人馬一体」と感性であり、それはまさに山本健一氏の講演骨子そのものでもある。

04-dai12506.jpg

アンフィニRX-7は、志、凛、艶、昂をキーワードに開発を進め、徹底的な軽量化をはかり、時代を超えて色あせない艶めきの外観スタイルとREスポーツカーならではの走りを追求したのもまさに山本健一氏の想いに合致したものだ。

04-dai12507.jpg

04-dai12508.jpg

04-dai12509.jpg

04-dai12510.jpg

アンフィニRX-7の内装デザイン、メーターレイアウト、ペダルやステアリングの配置、ドライビングポジションなどは、まさに「人とクルマのより良い関係」を反映したもので、貴島氏にバトンタッチ後の最終モデルまでのマイナーチェンジ、最終モデルなどはさらに「人とクルマのより良い関係」をつきすすめたものだ。


基調演説の骨子『人とクルマのより良い関係』
私が「人とクルマのより良い関係」というスピーチ・テーマを選んだ理由は以下の通りです。それはクルマは単に人類のためや、社会のためではなく、クルマを運転したり同乗したりする個々の人々のために作らなければならないと考えているからです。人々の心をとらえ、喜びを与え、生活を豊かにするクルマをつくりたいという私の想いは、芸術家がその思いを絵や彫刻や音楽で表現しているのと同じではないかと思っています。

クルマは生活を豊かにし、人々の夢をかなえる道具であると思いますが、今日われわれは新しい時代を迎えようとしています。そして何をつくったらよいか、そのヒントを得るためには今がどういう時代なのかを見極める必要があります。物を運ぶ、移動するといったニーズを超えて、自分の好みや感覚、心に訴える要素を求めることだと思います。例えば、美しさ、楽しさ、味付けといった、数値では表現しにくい領域を大切にし、クルマを通して自己表現をすると同時に、自分の非常にパーソナルなフィーリングにフィットするものを求めるようになっています。

お客様に"まるで自分のために作られたクルマだ"と思わせる仕組みは何でしょうか? 人は視覚、聴覚、臭覚、触覚、味覚の五感をもっています。各々の人がもっている固有の価値観、美学、感覚などが実に全人格的なかたちで関わりあっており、これは"感性"という表現が最もぴったりとあてはまると思います。これからの商品開発においては、この感性にいかに訴えてゆくかが重要と考えます。

従って、これからのクルマづくりにおいて必要なことは、技術の開発もさることながら、まず人の研究ではないでしょうか? 技術がうまく人々の感性に訴える方向で生かされれば、必ずやクルマと人の間には良い関係が生まれるものと確信します。快適性を例にとってみれば、クルマに乗るとくつろぎを感じ、リラックスし、満足感をおぼえ、楽しく、親しみがわくといったことが重要な快適性の表現となります。

またステアリングへのインプットやブレーキ操作にたいしても、何の違和感も与えず、クルマが思いのままに動くとなれば、まさに人馬一体を呼べる人とクルマの関係が生まれるわけです。このような関係を作り出すには、旧来の数値で表される性能を十分満足させることに加えて、数値では表しにくい領域で、人々の感性に訴えられるかどうかで決まってきます。このように、楽しいと感じる「走り」、心地よいと感じる「室内」、信頼できると感じる「ハンドリング」などをどうクルマに織り込んでゆくかがこれからの商品開発の重要な課題となります。

昨年春(1985年)、三次試験場内に新しいハンドリング・サーキットをつくりました。このサーキットはできる限り実際の運転状況を生み出すため、南仏やドイツに実際に存在する道路*の一部を再現してつなぎ合わせたユニークなサーキットで、ここではテストドライバーは、実際の道路条件に近い状況で運転ができます。(*小早川注:マツダの永年の恩師ともいえるポール・フレールさんにご推奨いただいた道路)

このサーキットのユニークでかつ重要な点はそれだけにはとどまりません。テレメーターシステムという装置が採用されており、試乗中のクルマの運転にかかわるほとんどの物理的な挙動に関するデータ、例えば振動レベル、横Gなどはクルマに取り付けられたセンサーによって検出され、試乗中自動的に刻々と無線で事務所内のコンピューターに送られ分析され、同時にテストドライバーは無線で常に主観的なフィーリングを同じデータープロセスセンターに送ります。私どもはこのような努力を重ねてゆくことにより、感性の世界を切り開く手がかりをつかめるものと期待しています。

今後のクルマ作りを考えるとき、感性という概念が実際どのような意味を持つかをまとめてみるとメーカーとして次の領域に重点を置かなければならないと思います。第一は先進技術によってお客様のソフィスティケイトな感性にアピールする、次に重要なポイントは新しいコンセプトによるクルマづくりと、そのための、人々そのものへの強い関心と入念な研究、第三は、細分化されるターゲットユーザー層を満足させるクルマ作りを効率よく行うためのフレキシブルマニュファクチャリングシステム、我々が決して忘れてはいけないのが、価格と価値、そしてコミュニケーションです。』

このページのトップヘ
BACK NUMBER

【編集部より】 車評オンライン休載のお知らせ

第128回 私のクルマ人生における忘れがたき人々 ポール・フレールさん

第127回 私のクルマ人生における忘れがたき人々 大橋孝至さん

第126回 コンシューマーレポート「最良のクルマをつくるブランドランキング」

第125回 三樹書房ファンブック創刊号FD RX-7

第124回 日本自動車殿堂入りされた伊藤修令氏とR32スカイラインGT-R

第123回 日本自動車殿堂(JAHFA)

第122回 コンシューマーレポート信頼性ランキング

第121回 マツダ MX-30

第120回 新型スズキハスラー

第119回 急速に拡大するクロスオーバーSUV市場

第118回 ダイハツTAFT

第117回 私の自動車史 その3 コスモスポーツの思い出

第116回 私の自動車史 その2 幼少~大学時代の二輪、四輪とのつながり

第115回 私の自動車史 その1 父の心を虜にしたMGK3マグネット

第114回 マツダ欧州レースの記録 (1968-1970) その2

第113回 マツダ欧州レースの記録 1968-1970 その1

第112回 私の心を捉えた輸入車(2020年JAIA試乗会)

第111回 東京オートサロンの魅力

第110回 RJC カーオブザイヤー

第109回 私の2019カーオブザイヤーマツダCX-30

第108回 大きな転換期を迎えた東京モーターショー

第107回 世界初の先進運転支援技術を搭載した新型スカイライン

第106回 新型ダイハツタントの商品開発

第105回 躍進するボルボ

第104回 伝記 ポール・フレール

第103回 BMW M850i xDrive Coupe

第102回 日産DAYZ

第101回 Consumer Reports

第100回 2019年JAIA試乗会

第99回 東京モーターショーの再興を願う

第98回 2019年次 RJCカーオブザイヤー

第97回 ニッサン セレナ e-POWER

第96回 クロスオーバーSUV

第95回 大幅改良版 マツダアテンザ

第94回 新型スズキジムニー(その2)

第93回 新型スズキジムニー

第92回 おめでとうトヨタさん! & RINKU 7 DAYレポート

第91回 名車 R32スカイラインGT-Rの開発

第90回 やすらかにおやすみ下さい 山本健一様(最終回)

第89回 安らかにおやすみ下さい 山本健一様(その3)

第88回 やすらかにおやすみください。山本健一様(その2)

第87回 ”やすらかにおやすみください。山本健一様”

【編集部より】 車評オンライン休載のお知らせ

第86回 ルノールーテシア R.S.

第85回 光岡自動車

第84回 アウディQ2 1.4 TFSI

第83回 アバルト124スパイダー(ロードスターとの同時比較)

第82回 スズキワゴンRスティングレイ(ターボ)

第81回 最近の輸入車試乗記

第80回 マツダRX-7(ロータリーエンジンスポーツカーの開発物語)の再版によせて (後半その2)

第79回 RX-7開発物語再版に寄せて(後編その1)

第78回 RX-7開発物語の再版によせて(前編)

第77回 ダイハツムーヴキャンバス

第76回 ニッサン セレナ

第75回 PSAグループのクリーンディーゼルと308 SW Allure Blue HDi

第74回 マツダCX-5

第73回 多摩川スピードウェイ

第72回 ダイハツブーン CILQ (シルク)

第71回 アウディA4 セダン(2.0 TFSI)

第70回 マツダデミオ15MB

第69回 輸入車試乗会で印象に残った3台(BMW X1シリーズ、テスラモデルS P85D、VWゴルフオールトラック)

第68回 新型VW ゴルフトゥーラン

第67回 心を動かされた最近の輸入車3台

第66回 第44回東京モーターショー短評

第65回 ジャガーXE

第64回 スパ・ヒストリックカーレース

第63回 マツダロードスター

第62回 日産ヘリテージコレクション

第61回  りんくう7 DAY 2015

第60回 新型スズキアルト

第59 回 マツダCX-3

第58回 マツダアテンザワゴン、BMW 2シリーズ、シトロエングランドC4ピカソ

第57回 スバルレヴォーグ&キャデラックCTSプレミアム

第56回 ホンダ グレイス&ルノー ルーテシア ゼン

第55回 車評コースのご紹介とマツダデミオXD Touring

第54回 RJCカーオブザイヤー

第53回 スバルWRX S4

第52回 メルセデスベンツC200

第51回 スズキスイフトRS-DJE

第50回 ダイハツコペン

第49回 マツダアクセラスポーツXD

第48回 ホンダヴェゼルハイブリッド4WD

第47回 ふくらむ軽スポーツへの期待

第46回 マツダアクセラスポーツ15S

第45回  最近の輸入車試乗記

第44回 スズキハスラー

論評29 東京モーターショーへの苦言

第43回 ルノールーテシアR.S.

論評28 圧巻フランクフルトショー

論評27 ルマン90周年イベント

第42回 ボルボV40

第41回 ゴルフⅦ

第40回 三菱eKワゴン

論評26 コンシューマーレポート(2)

論評25  コンシューマーレポート(1)

第39回  ダイハツムーヴ

第38回 第33回輸入車試乗会

第37回 マツダアテンザセダン

第36回 ホンダN-ONE

第35回 スズキワゴンR

第34回 フォルクスワーゲン「up!」

第33回 アウディA1スポーツバック

第32回 BRZ、ロードスター、スイフトスポーツ比較試乗記

第31回 シトロエンDS5

第30回 スバルBRZ

第29回 スズキスイフトスポーツ

第28回 SKYACTIV-D搭載のマツダCX-5

論評24   新世代ディーゼル SKYACTIV-D

第27回 輸入車試乗会 

論評23 モーターショーで興味を抱いた5台

論評22 これでいいのか東京モーターショー

論評21 日本車の生き残りをかけて

執筆者プロフィール

1941年(昭和16年)東京生まれ。東洋工業(現マツダ)入社後、8年間ロータリーエンジンの開発に携わる。1970年代は米国に駐在し、輸出を開始したロータリー車の技術課題の解決にあたる。帰国後は海外広報、RX-7担当主査として2代目RX-7の育成と3代目の開発を担当する傍らモータースポーツ業務を兼務し、1991年のルマン優勝を達成。その後、広報、デザイン部門統括を経て、北米マツダ デザイン・商品開発担当副社長を務める。退職後はモータージャーナリストに。共著に『マツダRX-7』『車評50』『車評 軽自動車編』、編者として『マツダ/ユーノスロードスター』、『ポルシェ911 空冷ナローボディーの時代 1963-1973』(いずれも三樹書房)では翻訳と監修を担当。そのほか寄稿多数。また2008年より三樹書房ホームページ上で「車評オンライン」を執筆。

関連書籍
ポルシェ911 空冷・ナローボディーの時代 1963-1973
車評 軽自動車編
トップページヘ