三樹書房
トップページヘ
syahyo
第122回 コンシューマーレポート信頼性ランキング
2020.12.27

11月19日にアメリカのコンシューマーレポートが、アメリカで販売されている自動車ブランドの「信頼性に関するランキング」を発表した。早速大手の書店を回りコンシューマーレポートを探したがどこも取り扱っておらず、複数の大きな図書館にもなく、WEB版の情報しか入手することができなかったので、今回はオンラインで入手した情報を整理して皆様にお伝えしたい。

コンシューマーレポートは1936年に創刊された消費者向けの雑誌で、現在の発行部数は雑誌が400万部、WEB版と合わせると730万部ともいわれ、世界的に見ても圧倒的な発行部数だ。モデル毎の信頼性のデータや顧客満足度は読者から入手(今回は33万人)、モデル別、年式別に分析したものだという。コンシューマーレポートはこの種の読者のデータ分析加えて、327エーカーのテストコースも所有し、毎年50台程度の新車を、コンシューマーレポートを名乗らずに販売店から購入、40項目にも及ぶ商品性評価を行っている。広告を一切とらないため、メーカーに対する遠慮をする必要が全くなく、良いものは良い、悪いものは悪いと非常に客観的にレポートすることが最大の特色で、その情報価値とインパクトは専門誌の及ぶところではない。

今回の信頼性ランキングの対象となったのは26ブランドで、その中でマツダが初めて1位を獲得、トヨタが2位、レクサスが3位、ホンダが5位、スバルが8位、日産が13位となった。マツダは2018年に3位、2019年に2位を獲得しているが、1位となったのは今回が初めてで、日本ブランドの信頼性ランキングが総じて非常に高いのは貴重なことだ。欧州車はあまり高い順位に入らず、ポルシェが9位、BMWが12位、アウディが14位、ボルボが18位、ベンツが20位、VWが24位となり、最下位26位がアメリカ車リンカーン、25位がテスラとなった。大きな変革期にある自動車産業の今後を考えるとき、信頼性はますます重要な要素になってゆくことに疑問の余地はなく、コンシューマーレポートの情報にこれまで以上に注目してゆくことが肝要だと思う。


04-dai12201.jpg

04-dai12202.jpg

04-dai12203.jpg


日本ブランドのランキング

以下は2020年の日本ブランドのランキング(カッコ内は昨年のランキング)と得点、それぞれのブランドの中のトップ3モデルの得点だ。
1位 マツダ(2位)83点  (MX-5: 98、CX-30: 95、CX-3: 87)
2位 トヨタ(3位)74点 (プリウス:93、カローラ:90、プリウスプライム:88)
3位 レクサス(1位)71点 (UX: 95、NX: 91、GX:90)
5位 ホンダ(12位)63点 (HR-V: 90、インサイト: 86、クラリティ: 85)
8位 スバル(7位)57点 (クロストレック=日本名XV: 78、フォレスター: 77、アウトバック: 60)
13位 ニッサン(11位)51点 (ムラーノ: 72、アルティマ: 69、リーフ: 54)

日本ブランドに対するコンシューマーレポートの短評

マツダ
マツダは今年最も信頼性の高いブランドとなったが、その大きな要因は新型車の設計変更が地味で控えめで、多くのモデルがプラットフォームやコンポーネントを共有していることにあるといえよう。全てのマツダ車が平均以上の信頼性を確保できるものと推定する。

トヨタ
トヨタとレクサスが2位と3位に入るとともに、全てのトヨタ車が平均以上となった。人気の高いRAV4は丁度平均値だが、変速機、燃料システム、インフォ―テインメント(NAVI/オーディオ/情報)システムの不具合などに苦しめられている。

レクサス
レクサスの点数はLSセダンが平均値よりかなり悪いことが大きく起因している。LSのエンジン、変速機、燃料システム、エレクトロニクスなどがその要因だ。それ以外のレクサスは素晴らしい信頼性を示している。

ホンダ
パスポートは、変速機、エンジン、駆動系、スクリーンなどの問題に起因して平均値以下となるとともに、オデッセイもインフォ―テインメントシステム、パワースライディングドア―に起因して平均値以下だが、インサイトハイブリッドとクラリティは平均値以上だ。

スバル
スバルは、フォレスターやクロストレックは平均値以上なのに、アセントの信頼性が、ブレーキ、変速機、電力関係、空調システム、ステアリング、サスペンションなどに起因して平均以下となっている。アウトバック、クロストレックなどは情報システムと車体部品問題のなどにより平均値にとどまっている。

ニッサン
ニッサンは、パスファインダーとルージェ・スポーツに足を引っ張られた。この両モデルにはカーエレクトロニックスと変速機の問題があり、ルージェ・スポーツにはそれに加えてサスペンションの問題がある。リーフEVは平均値で、アルティマとムラーノは平均値以上だ。

米国メディアによるマツダに関する記述

USA TODAYは、『マツダは26ブランドの中で最高位を獲得したが、コンシューマーレポートの評価責任者は、"マツダの設計に対する対話的なアプローチがその大きな要因だと述べている。その意味するところは、マツダは、設計変更にあたって、新しいテクノロジーによる予期せぬ不具合をさけるため過度な変革をさけてきたが、一方でスタイリッシュなデザインを保ち、決して退屈なクルマではない。信頼性の話になると、心躍るクルマにするか、信頼性を重視するかの議論になるが、マツダはそれが両立できることを示している。マツダの高いスコアを支えていることの一つに、インフォ―テインメントシステムの刷新に過度な投資をしてこなかったことがあげられ、タッチスクリーンが装備されていない新型モデルもある稀有なメーカーだ。また多くの場合、インフォ―テインメントシステムと変速機の不具合に対するレポートが多く、デュアルクラッチギヤシフターや、電子制御の変速機などもトラブルの要因となっている"と述べている。』と報道している。

同様に、AP通信は、同じくコンシューマーレポートの評価責任者の言葉として『マツダは予算的にも厳しい会社であるがゆえに、多段変速機やインフォ―テインメントシステムへの投資が限られているが、これらの新技術はトラブルに結び付くケースも多く、マツダの場合、多くのモデルにいまだにタッチスクリーンが採用されておらず、9速10速ATに着手しているメーカーが多い中でいまだに6速ATに固執しながら、運転することが楽しいクルマをつくり続けていることも評価に値する。』と紹介しているのも興味深い。

マツダの販売実績は、2019年度にアメリカが27.5万台、欧州が26.4万台、中国が21.2万台、日本が20.2万台と決して多くなく、販売面での課題は非常に大きいが、今回のランキングがアメリカ市場での販売、更にはマツダの開発方針にどのような影響を与えるかは非常に興味深いところだ。

結び

「信頼性」はクルマの購入にあたっての最も大切な指標の一つであり、コンシューマーレポートのように客観的、かつ総合的に信頼性を予測してくれるメディアは世界のどこを見回してもないといっても過言ではない。コンシューマーレポートの信頼性や商品性に関するデータは、自動車メーカーにとって非常に貴重な情報であり、それぞれの内容に関して真摯に取り組むことによりクルマの信頼性、商品性が一段と強化されてゆくことは間違いない。

日本にはコンシューマーレポートに相当するようなメディアがないのが残念だが、1700万人もの会員を擁するJAF(日本自動車連盟)のロードサービスは大いに評価に値するもので、その会員から毎年、信頼性、商品性などに関するデータを収集分析することも可能なはずだ。分析結果は購買者はもちろんメーカーにとっても非常に有効な指標となり、今後の日本のクルマづくりに大きく貢献するものと確信する。

このページのトップヘ
BACK NUMBER

第125回 三樹書房ファンブック創刊号FD RX-7

第124回 日本自動車殿堂入りされた伊藤修令氏とR32スカイラインGT-R

第123回 日本自動車殿堂(JAHFA)

第122回 コンシューマーレポート信頼性ランキング

第121回 マツダ MX-30

第120回 新型スズキハスラー

第119回 急速に拡大するクロスオーバーSUV市場

第118回 ダイハツTAFT

第117回 私の自動車史 その3 コスモスポーツの思い出

第116回 私の自動車史 その2 幼少~大学時代の二輪、四輪とのつながり

第115回 私の自動車史 その1 父の心を虜にしたMGK3マグネット

第114回 マツダ欧州レースの記録 (1968-1970) その2

第113回 マツダ欧州レースの記録 1968-1970 その1

第112回 私の心を捉えた輸入車(2020年JAIA試乗会)

第111回 東京オートサロンの魅力

第110回 RJC カーオブザイヤー

第109回 私の2019カーオブザイヤーマツダCX-30

第108回 大きな転換期を迎えた東京モーターショー

第107回 世界初の先進運転支援技術を搭載した新型スカイライン

第106回 新型ダイハツタントの商品開発

第105回 躍進するボルボ

第104回 伝記 ポール・フレール

第103回 BMW M850i xDrive Coupe

第102回 日産DAYZ

第101回 Consumer Reports

第100回 2019年JAIA試乗会

第99回 東京モーターショーの再興を願う

第98回 2019年次 RJCカーオブザイヤー

第97回 ニッサン セレナ e-POWER

第96回 クロスオーバーSUV

第95回 大幅改良版 マツダアテンザ

第94回 新型スズキジムニー(その2)

第93回 新型スズキジムニー

第92回 おめでとうトヨタさん! & RINKU 7 DAYレポート

第91回 名車 R32スカイラインGT-Rの開発

第90回 やすらかにおやすみ下さい 山本健一様(最終回)

第89回 安らかにおやすみ下さい 山本健一様(その3)

第88回 やすらかにおやすみください。山本健一様(その2)

第87回 ”やすらかにおやすみください。山本健一様”

【編集部より】 車評オンライン休載のお知らせ

第86回 ルノールーテシア R.S.

第85回 光岡自動車

第84回 アウディQ2 1.4 TFSI

第83回 アバルト124スパイダー(ロードスターとの同時比較)

第82回 スズキワゴンRスティングレイ(ターボ)

第81回 最近の輸入車試乗記

第80回 マツダRX-7(ロータリーエンジンスポーツカーの開発物語)の再版によせて (後半その2)

第79回 RX-7開発物語再版に寄せて(後編その1)

第78回 RX-7開発物語の再版によせて(前編)

第77回 ダイハツムーヴキャンバス

第76回 ニッサン セレナ

第75回 PSAグループのクリーンディーゼルと308 SW Allure Blue HDi

第74回 マツダCX-5

第73回 多摩川スピードウェイ

第72回 ダイハツブーン CILQ (シルク)

第71回 アウディA4 セダン(2.0 TFSI)

第70回 マツダデミオ15MB

第69回 輸入車試乗会で印象に残った3台(BMW X1シリーズ、テスラモデルS P85D、VWゴルフオールトラック)

第68回 新型VW ゴルフトゥーラン

第67回 心を動かされた最近の輸入車3台

第66回 第44回東京モーターショー短評

第65回 ジャガーXE

第64回 スパ・ヒストリックカーレース

第63回 マツダロードスター

第62回 日産ヘリテージコレクション

第61回  りんくう7 DAY 2015

第60回 新型スズキアルト

第59 回 マツダCX-3

第58回 マツダアテンザワゴン、BMW 2シリーズ、シトロエングランドC4ピカソ

第57回 スバルレヴォーグ&キャデラックCTSプレミアム

第56回 ホンダ グレイス&ルノー ルーテシア ゼン

第55回 車評コースのご紹介とマツダデミオXD Touring

第54回 RJCカーオブザイヤー

第53回 スバルWRX S4

第52回 メルセデスベンツC200

第51回 スズキスイフトRS-DJE

第50回 ダイハツコペン

第49回 マツダアクセラスポーツXD

第48回 ホンダヴェゼルハイブリッド4WD

第47回 ふくらむ軽スポーツへの期待

第46回 マツダアクセラスポーツ15S

第45回  最近の輸入車試乗記

第44回 スズキハスラー

論評29 東京モーターショーへの苦言

第43回 ルノールーテシアR.S.

論評28 圧巻フランクフルトショー

論評27 ルマン90周年イベント

第42回 ボルボV40

第41回 ゴルフⅦ

第40回 三菱eKワゴン

論評26 コンシューマーレポート(2)

論評25  コンシューマーレポート(1)

第39回  ダイハツムーヴ

第38回 第33回輸入車試乗会

第37回 マツダアテンザセダン

第36回 ホンダN-ONE

第35回 スズキワゴンR

第34回 フォルクスワーゲン「up!」

第33回 アウディA1スポーツバック

第32回 BRZ、ロードスター、スイフトスポーツ比較試乗記

第31回 シトロエンDS5

第30回 スバルBRZ

第29回 スズキスイフトスポーツ

第28回 SKYACTIV-D搭載のマツダCX-5

論評24   新世代ディーゼル SKYACTIV-D

第27回 輸入車試乗会 

論評23 モーターショーで興味を抱いた5台

論評22 これでいいのか東京モーターショー

論評21 日本車の生き残りをかけて

執筆者プロフィール

1941年(昭和16年)東京生まれ。東洋工業(現マツダ)入社後、8年間ロータリーエンジンの開発に携わる。1970年代は米国に駐在し、輸出を開始したロータリー車の技術課題の解決にあたる。帰国後は海外広報、RX-7担当主査として2代目RX-7の育成と3代目の開発を担当する傍らモータースポーツ業務を兼務し、1991年のルマン優勝を達成。その後、広報、デザイン部門統括を経て、北米マツダ デザイン・商品開発担当副社長を務める。退職後はモータージャーナリストに。共著に『マツダRX-7』『車評50』『車評 軽自動車編』、編者として『マツダ/ユーノスロードスター』、『ポルシェ911 空冷ナローボディーの時代 1963-1973』(いずれも三樹書房)では翻訳と監修を担当。そのほか寄稿多数。また2008年より三樹書房ホームページ上で「車評オンライン」を執筆。

関連書籍
ポルシェ911 空冷・ナローボディーの時代 1963-1973
車評 軽自動車編
トップページヘ