三樹書房
トップページヘ
syahyo
第119回 急速に拡大するクロスオーバーSUV市場
2020.9.28

世界市場で急速に拡大中のSUV市場の大きなけん引力ともなっている、輸入ブランドのクロスオーバーを中心としたSUVに関して三樹書房さんに依頼して以下のようなアルバムを作成したので、今回はそのアルバムをご紹介したい。ただし全ての輸入ブランド、全てのモデルがカバーできてはいないのでその点はご容赦いただきたいが、いかに多くのモデルが存在するかが一目でわかるだろう。それぞれの車種に関する仕様、特徴、価格帯などは省略するので、ご興味ある方は是非ご自分で情報探索いただければ幸いだ。

SUVとはSports Utility Vehicleの略称だが、本来はJeep(ジープ)に代表さるようなオフロード性が重視されたモデルで、アメリカが発祥の地といっても過言ではない。私も、90年代後半の米国駐在時代にはロス近郊のオフロードコースを含む変化に富んだコースで各種のSUVを評価し、マツダの商品企画、開発を積極的にサポートしたのが忘れられない。しかしそのようなオフロード性を重視した伝統的なSUVの市場はむしろ減少しているといってもよさそうだ。なぜならかつては乗り入れることのできた、例えば富士山麓のオフロードコースや、各地のスキー場のゲレンデなどには今では4輪駆動のオフローダ―で乗り入れることはほとんどできないし、アメリカでも走行可能なオフロードコースは減少、古典的なSUVを愛するユーザーも減少してきているとみていいだろう。

一方で、近年世界市場で急速に販売台数が拡大しているのがクロスオーバーSUVだ。乗用車系のプラットフォームを活用、あるいは乗用車系モデルの派生車として広範囲なユーザー層の日常生活での活用を目標としたクルマで、2輪駆動モデルが多く、最低地上高もあまり高くなく、オフロード性は決して高くないが、セダン、クーペ、ハッチバック、ステーションワゴン、ミニバンなどの伝統的、古典的な車種に比べて「よりアクティブなライフスタイルをアピールできるモデル」といえよう。昨今では、ロールスロイス、ベントレー、ランボルギーニ、フェラーリ、ポルシェなどのプレミアムブランドなどからの「高級クロスオーバーSUV」も目を見張るものがある。

ここでちょっと日本市場、米国市場をのぞいてみよう。2020年8月の国内の新車販売台数を見てみると、商用車、SUV、軽自動車を除く普通車の新車販売台数は 107,966台、SUVを除く軽自動車が85,524台、普通と軽を合わせたSUVが58,363台で、SUV比率は23%と、2018年8月のSUV比率14%に比べて大幅に上昇している。2020年8月のレクサスのSUV比率は79%と非常に高く、2018年の64%からかなり上昇している。米国市場におけるSUVの販売比率も興味深く、2020年7月の販売台数のうち、レクサスは76%、マツダは79%、ボルボは81%がSUVだ。

国内メーカーの動向をみるとき、トヨタのクロスオーバーSUV戦略がもっとも顕著で、中でもレクサスブランドは日米ともにすでにクロスオーバーSUVに大きく舵を切っているし、トヨタブランドでも、ライズ、ハリアー、RAV4、C-HRなどの販売が非常に好調なうえに、ヤリス クロスの今後の販売台数は要注目、遠からずカローラ クロスも導入されるようだ。これに対して日産はエクストレイルに加えてキックスを導入、アリアもこのカテゴリーに入るが、商品戦略全体としてはこのカテゴリーに余り注力しているようには見えないし、ホンダにはヴェゼル、CR-Vなどがあり、米国ではCR-Vが健闘はしているが、同様なことがいえる。三菱にはアウトランダー、エクリプス クロス、RVRなどがあるが、販売台数は限られ、今一度思い切ったSUV戦略が必要ではないだろうか? スバルはXV、フォレスター、レガシイアウトバックなどがあり、SUVカンパニーといってもよいが、新しいジャンルへの挑戦は必須であろう。

マツダは近年SUVに注力してきたメーカーで、CX-5、CX-30が日米市場で好調、中国には独自の商品CX-4もあるが、それ以外のSUV(CX-3、CX-8、CX-9)は販売台数が限られ、MX-30は価格がかなり高くなりそうな気がするので台数的にはあまり期待できないとみていいだろう。それよりもマツダ3や2をベースにした広範囲なコンパクトクロスオーバーSUV戦略の確立が必要ではないだろうか。軽自動車のカテゴリーではスズキの健闘が目覚ましく、その中心となっているのがハスラーやジムニーなどのSUVで、TAFTを導入したダイハツの今後にも注目したいところだ。

このように見てくると、EV化や自動運転化などへの注力が大切なことは言うまでもないが、今こそ古典的な車種体系にこだわらない新しいクロスオーバーSUV商品戦略の構築が非常に大切になってきていることは明らかで、どこのメーカーが活性化してゆくか注目してゆきたい。

輸入ブランドのクロスオーバーを中心としたSUVラインアップ(アルファベット順)

Audi(アウディ)
04-dai11901.jpg
左上Q2、右上SQ2、左下Q3Sportsback、右下Q3

04-dai11902.jpg
左上Q5、右上SQ5、左下Q7、右下Q8

BMW
04-dai11903.jpg
左上X1、右上X2、左下X3、右下X4

04-dai11904.jpg
左上X5、右上X6、下X7

Citroën(シトロエン)
04-dai11905.jpg
左上C3エアクロス、右上C5エアクロス、左下DS3クロスバック、右下DS7クロスバック

Landrover(ランドロバー)
04-dai11906.jpg
左上ディフェンダー、右上レンジローバーイヴォーク、左下レンジロバー、右下ディスカバリー

Mercedes-Benz(メルセデス ベンツ)
04-dai11907.jpg
左上GLA、右上GLB、左下GLC、右下GLCクーペ

04-dai11908.jpg
左上GLE、右上GLEクーペ、左下GLS、右下Gクラス

Peugeot(プジョー)
04-dai11909.jpg
左上SUV2008、右上SUV3008、下SUV5008

Porsche(ポルシェ)
04-dai11910.jpg
左上マカン、右上マカンS、左下カイエン、右下カイエンクーペ

Some other premium brands(プレミアム ブランド)
04-dai11911.jpg
左上ロールスロイス カリナン、右上ランボルギーニ ウルス 下ベントレー ベンティガ 

Volvo(ボルボ)
04-dai11912.jpg
左上XC40、右上XC60、下XC90

VW(フォルクスワーゲン)
04-dai11913.jpg
左上T-Roc、右上T-Cross、下ティグアン

このページのトップヘ
BACK NUMBER

第119回 急速に拡大するクロスオーバーSUV市場

第118回 ダイハツTAFT

第117回 私の自動車史 その3 コスモスポーツの思い出

第116回 私の自動車史 その2 幼少~大学時代の二輪、四輪とのつながり

第115回 私の自動車史 その1 父の心を虜にしたMGK3マグネット

第114回 マツダ欧州レースの記録 (1968-1970) その2

第113回 マツダ欧州レースの記録 1968-1970 その1

第112回 私の心を捉えた輸入車(2020年JAIA試乗会)

第111回 東京オートサロンの魅力

第110回 RJC カーオブザイヤー

第109回 私の2019カーオブザイヤーマツダCX-30

第108回 大きな転換期を迎えた東京モーターショー

第107回 世界初の先進運転支援技術を搭載した新型スカイライン

第106回 新型ダイハツタントの商品開発

第105回 躍進するボルボ

第104回 伝記 ポール・フレール

第103回 BMW M850i xDrive Coupe

第102回 日産DAYZ

第101回 Consumer Reports

第100回 2019年JAIA試乗会

第99回 東京モーターショーの再興を願う

第98回 2019年次 RJCカーオブザイヤー

第97回 ニッサン セレナ e-POWER

第96回 クロスオーバーSUV

第95回 大幅改良版 マツダアテンザ

第94回 新型スズキジムニー(その2)

第93回 新型スズキジムニー

第92回 おめでとうトヨタさん! & RINKU 7 DAYレポート

第91回 名車 R32スカイラインGT-Rの開発

第90回 やすらかにおやすみ下さい 山本健一様(最終回)

第89回 安らかにおやすみ下さい 山本健一様(その3)

第88回 やすらかにおやすみください。山本健一様(その2)

第87回 ”やすらかにおやすみください。山本健一様”

【編集部より】 車評オンライン休載のお知らせ

第86回 ルノールーテシア R.S.

第85回 光岡自動車

第84回 アウディQ2 1.4 TFSI

第83回 アバルト124スパイダー(ロードスターとの同時比較)

第82回 スズキワゴンRスティングレイ(ターボ)

第81回 最近の輸入車試乗記

第80回 マツダRX-7(ロータリーエンジンスポーツカーの開発物語)の再版によせて (後半その2)

第79回 RX-7開発物語再版に寄せて(後編その1)

第78回 RX-7開発物語の再版によせて(前編)

第77回 ダイハツムーヴキャンバス

第76回 ニッサン セレナ

第75回 PSAグループのクリーンディーゼルと308 SW Allure Blue HDi

第74回 マツダCX-5

第73回 多摩川スピードウェイ

第72回 ダイハツブーン CILQ (シルク)

第71回 アウディA4 セダン(2.0 TFSI)

第70回 マツダデミオ15MB

第69回 輸入車試乗会で印象に残った3台(BMW X1シリーズ、テスラモデルS P85D、VWゴルフオールトラック)

第68回 新型VW ゴルフトゥーラン

第67回 心を動かされた最近の輸入車3台

第66回 第44回東京モーターショー短評

第65回 ジャガーXE

第64回 スパ・ヒストリックカーレース

第63回 マツダロードスター

第62回 日産ヘリテージコレクション

第61回  りんくう7 DAY 2015

第60回 新型スズキアルト

第59 回 マツダCX-3

第58回 マツダアテンザワゴン、BMW 2シリーズ、シトロエングランドC4ピカソ

第57回 スバルレヴォーグ&キャデラックCTSプレミアム

第56回 ホンダ グレイス&ルノー ルーテシア ゼン

第55回 車評コースのご紹介とマツダデミオXD Touring

第54回 RJCカーオブザイヤー

第53回 スバルWRX S4

第52回 メルセデスベンツC200

第51回 スズキスイフトRS-DJE

第50回 ダイハツコペン

第49回 マツダアクセラスポーツXD

第48回 ホンダヴェゼルハイブリッド4WD

第47回 ふくらむ軽スポーツへの期待

第46回 マツダアクセラスポーツ15S

第45回  最近の輸入車試乗記

第44回 スズキハスラー

論評29 東京モーターショーへの苦言

第43回 ルノールーテシアR.S.

論評28 圧巻フランクフルトショー

論評27 ルマン90周年イベント

第42回 ボルボV40

第41回 ゴルフⅦ

第40回 三菱eKワゴン

論評26 コンシューマーレポート(2)

論評25  コンシューマーレポート(1)

第39回  ダイハツムーヴ

第38回 第33回輸入車試乗会

第37回 マツダアテンザセダン

第36回 ホンダN-ONE

第35回 スズキワゴンR

第34回 フォルクスワーゲン「up!」

第33回 アウディA1スポーツバック

第32回 BRZ、ロードスター、スイフトスポーツ比較試乗記

第31回 シトロエンDS5

第30回 スバルBRZ

第29回 スズキスイフトスポーツ

第28回 SKYACTIV-D搭載のマツダCX-5

論評24   新世代ディーゼル SKYACTIV-D

第27回 輸入車試乗会 

論評23 モーターショーで興味を抱いた5台

論評22 これでいいのか東京モーターショー

論評21 日本車の生き残りをかけて

執筆者プロフィール

1941年(昭和16年)東京生まれ。東洋工業(現マツダ)入社後、8年間ロータリーエンジンの開発に携わる。1970年代は米国に駐在し、輸出を開始したロータリー車の技術課題の解決にあたる。帰国後は海外広報、RX-7担当主査として2代目RX-7の育成と3代目の開発を担当する傍らモータースポーツ業務を兼務し、1991年のルマン優勝を達成。その後、広報、デザイン部門統括を経て、北米マツダ デザイン・商品開発担当副社長を務める。退職後はモータージャーナリストに。共著に『マツダRX-7』『車評50』『車評 軽自動車編』、編者として『マツダ/ユーノスロードスター』、『ポルシェ911 空冷ナローボディーの時代 1963-1973』(いずれも三樹書房)では翻訳と監修を担当。そのほか寄稿多数。また2008年より三樹書房ホームページ上で「車評オンライン」を執筆。

関連書籍
ポルシェ911 空冷・ナローボディーの時代 1963-1973
車評 軽自動車編
トップページヘ