三樹書房
トップページヘ
syahyo
第117回 私の自動車史 その3 コスモスポーツの思い出
2020.7.27

私は1963年東洋工業(マツダ)に入社、立ち上り早々のロータリーエンジン(RE)研究部に配属され、試験課メンバーとして様々な開発課題に取り組んだが、初代RE車となったコスモスポーツは非常に思い出深く、加えて近年までいろいろなかたちでかかわりが継続してるので、今回はこのテーマでご報告したい。

1963年の東京モーターショーに試作REを展示し、会場に松田恒次社長が「コスモ」の試作車で乗り付け話題になるとともに、翌1964年の東京モーターショーで「コスモ」が正式に発表された。その後車名は「コスモスポーツ」となり、様々な開発活動が行われたが、1965年に完成した三次試験場もコスモスポーツの開発に大きく寄与している。さらに60台(書籍によっては80台という記述もあるが)もの試作車による販売店も含めた広範囲な委託試験も松田社長ならではのものだ。一連の開発テストを終えて市場導入されたのが1967年5月で、このモデルはL10Aと呼ばれ、価格は148万円だった。そして1968年7月には早くも出力を110psから128psにアップ、ホイールベースを150㎜拡大、ブレーキ倍力装置、5速MTなどを装備したL10Bが導入された。これら一連の戦略は、松田社長のREとコスモスポーツにかける熱い想いを込めたものだったに違いない。生産終了までのL10A、L10Bの累計生産台数は1,176台と決して多くはないが、現在でも約300台程度のコスモスポーツが、オーナーの皆様の熱意により非常に良好な状態で維持されているのは言葉では表せないほどうれしく、出来ることなら今は亡き松田恒次氏にも半世紀以上も大切にされているコスモスポーツの雄姿をお見せしたいものだ。

初代RE市販車として2ローターエンジンを搭載したコスモスポーツが選択されたことは、REのメリットが最大限生かされ、それ以外のエンジンでは実現できない商品コンセプトであったこと、生産台数が限られていても存在意義が非常に大きかったこと、その割には価格がリーズナブルだったこと、更にはRE開発に従事している人たちが心から誇りをもてたことなど、非常に賢明な選択だったと思う。もしもGMやニッサンのように小型経済車を選択したり、ベンツのような3ローター搭載のスーパースポーツなどを選択していたら、その後のマツダにおけるREへの挑戦がどのように推移していったかは定かではないと思うからだ。

04-dai11701.jpg
これはコスモスポーツの試作車を前にしたRE試験課メンバーの集合写真で、後列左端から11人目が私だ。RE研究部配属後しばらくはベンチテストを行う試験グループに所属していたが、その後走行テストを行うグループに配属替えとなり、コスモスポーツの開発にあたっては特にカーボンアペックスシールの耐久性に対する低速のテストモードの設定に全力を注ぎ、走行試験グループメンバーに気の遠くなるような長距離テストを行ってもらえたことが忘れられない。

04-dai11702.jpg
04-dai11703.jpg
この写真は1964年にRE研究部の主要メンバーとともに試作車で下関までドライブしたときのものだが、山本健一RE研究部部長のリーダーシップのもと研究部員の結束は部門を超えて非常に硬いものがあった。

04-dai11704.jpg
1963年の東京モーターショーには試作REを単体で展示し、会場に松田恒次社長が「コスモ」で乗り付けられ話題となったが、これは1964年の東京モーターショーで発表されたときの「コスモ」だ。来場者が少ない時の写真だが、モーターショーを通じては非常に大きなインパクトを与えるものとなった。

04-dai11705.jpg
04-dai11706.jpg
この写真と透視図がL10Aだが、REのメリットを十分に生かしたレイアウト(コンパクトなエンジン故に可能となったフロントミッドシップや低くおさえることのできたボンネットなど)と、そのユニークデザインは非常に魅力的だ。

04-dai11707.jpg
04-dai11708.jpg
これは1967年6月に沖縄におけるマツダ車の知名度アップイベントのためにコスモスポーツとともに私が沖縄に送り込まれた時のものだ。当時沖縄はまだ日本に返還されておらず、道路の通行もアメリカと同じく右側通行だった。私にとって初めての右側通行地区への出張で、一般路を走る際に大変緊張したのを覚えている。

04-dai11709.jpg
コスモスポーツに左ハンドル仕様はなかったが、L10A導入時にすでに英文パンフレットも用意されており、世界何か国かに出荷され、プロモーションとしても大いに活用された。

04-dai11710.jpg
04-dai11711.jpg
1967年10月にロンドンショーに出品されたのを機会にロンドン行きを命じられたのが私にとっての初めての欧州出張となった。ロンドンショー終了後しばらくの間プレスカーとして活用されたため、ロンドン近郊のイギリス人の家に3か月ほど下宿して、立ち上がったばかりの販売会社のサービス工場に毎日通い、プレスカーのメインテナンスを行った。この2枚の写真はロンドン郊外の小さな町で写したものだが、雨天のハイドパーク内のワインディングロードで、危うくスピンしかけ、正面からロールスロイスが目の前まで迫ってきたことを今でも思い出す。

04-dai11712.jpg
これは販売店がセットしてくれた近郊サーキットでの走行会のもので、競合車も持ち込まれて比較評価、コスモスポーツの操縦性、ブレーキ性能などのさらなる改善が求められたが、この時の英国販売会社からのコメントがL10Bへの製品改良の大きな後押しになったことを帰国後聞かせれた。

04-dai11713.jpg
この写真は私が帰国したあとイギリスの専門誌による評価がロンドン近郊サーキットで行われてときのものだ。

04-dai11714.jpg
1967年5月に導入されたL10Aが、わずか1年強でホイールベースの延長、エンジン出力の向上、ブレーキブースターの装着、フロントデザインの変更、5速MTの採用などのビッグマイナーチェンジをうけたのは、松田社長ならびに当時のマツダの首脳陣のコスモスポーツにかける熱い思いを反映したものであることは間違いない。


04-dai11715.jpg
04-dai11716.jpg
そのような中で決定したのが、1968年のニュルブルクリンク84時間レースへの挑戦だ。山本健一RE研究部長(当時)の「大衆の面前で、ライバルがいる同じ土俵で、新エンジンの耐久信頼性を実証することがREを本物に仕上げることになる」という強い思いを受けて決定したのがニュルブルクリンク84時間レースへの参戦だ。私はこの時このエンジンの開発にその後マツダのモータースポーツレジェンドとなる松浦国夫さんとともにレース直前まで携わった。しかし、レースには参画せず、REの大きな技術課題だった排気ガス対策チームに異動したが、このレースで総合4位という好結果が得られたことは私にとってもこの上なくうれしかったし、この結果がその後のREによる世界の耐久レースへの挑戦の大きな引き金となったことは間違いない。


以下はいずれも近年の写真だが、まずは2009年にドイツで行われたコスモスポーツ国際ミーティングから始めたい。

ドイツで3店舗の大きなマツダ販売店を経営されるフライ一家の提案で、日本から14台のコスモスポーツが輸送され、欧州にある5台も参加して、コスモスポーツミーティングが2009年に南ドイツで開かれた。私も日本のコスモスポーツオーナーズクラブの皆様とともに参加したことに関しては、かなり初期の車評オンライン「論評07」をご覧いただければ幸いだが、今回の写真は別の方ががまとめられたもの中なら引用したものだ。フライさんは全てのマツダRE車のコレクターでもあり、数年前にアウグスブルグ市内にマツダ車のミュージアムも開設されている。

04-dai11717.jpg
フライさんが運営されている販売店の一つに全員集合したおりの写真

04-dai11718.jpg
旧バンケル研究所(今はアウディの研修所)訪問時の写真

04-dai11719.jpg
南ドイツ一帯をグループでドライブ中の写真

04-dai11720.jpg
写真の中央の白髪の男性がウォルター・フライさん


04-dai11721.jpg
この写真はウォルター・フライさんの二人のご子息、マルクス・フライさんと、ヨアヒム・フライさんが広島での会議に出席のため来日時に、是非とも山本健一さんにお会いできないだろうかとの依頼を受けて、川崎市にお住まいでまだお元気だった山本さんを2014年5月に訪問させていただいた時のものだ。

04-dai11722.jpg
これは朝日新聞のご要望(連載 あくなき挑戦 ロータリーエンジンの半世紀)に基づき、かつてコスモスポーツオーナーズクラブ会長も務められ、コスモスポーツを所有されているガレージスターフィールド代表星野仙治さんに依頼してコスモスポーツを持参いただき、山本さんを訪問して撮影した2016年12月の写真だ。

dai11723.jpg
冒頭「現在でも約300台程度のコスモスポーツがオーナーの皆様の熱意により非常に良好な状態で維持されている」述べたが、コロナウィルスの影響のある期間は難しいのは当然だが、オーナーズクラブの活動は依然として続いているのは言葉では表せない喜びだ。この写真はかなり前に三次試験場で開催されたオーナーズクラブのミーティング時のものだ。

04-dai11724.jpg
オーナーズクラブの活動とは少し異なるが、非常にうれしいのが近年のミニカー市場の充実だ。この写真は私の所有する各サイズのミニカーをならべたもので、大きい順から1/8、1/12、1/18、1/24、1/44、1/64、1/76と実に豊富で、中でも1/8モデルは圧巻だ。

このようにコスモスポーツとはいろいろなタイミングにいろいろな形で接することができ、私にとって非常に思いで深いクルマであるとともに、マツダにとって、またREにとって大変貴重なクルマであったことがご理解いただけるものと思う。私の視点からは創立100周年を祝う際のマツダ車の筆頭にくるのに最もふさわしいクルマだ。

このページのトップヘ
BACK NUMBER

第119回 急速に拡大するクロスオーバーSUV市場

第118回 ダイハツTAFT

第117回 私の自動車史 その3 コスモスポーツの思い出

第116回 私の自動車史 その2 幼少~大学時代の二輪、四輪とのつながり

第115回 私の自動車史 その1 父の心を虜にしたMGK3マグネット

第114回 マツダ欧州レースの記録 (1968-1970) その2

第113回 マツダ欧州レースの記録 1968-1970 その1

第112回 私の心を捉えた輸入車(2020年JAIA試乗会)

第111回 東京オートサロンの魅力

第110回 RJC カーオブザイヤー

第109回 私の2019カーオブザイヤーマツダCX-30

第108回 大きな転換期を迎えた東京モーターショー

第107回 世界初の先進運転支援技術を搭載した新型スカイライン

第106回 新型ダイハツタントの商品開発

第105回 躍進するボルボ

第104回 伝記 ポール・フレール

第103回 BMW M850i xDrive Coupe

第102回 日産DAYZ

第101回 Consumer Reports

第100回 2019年JAIA試乗会

第99回 東京モーターショーの再興を願う

第98回 2019年次 RJCカーオブザイヤー

第97回 ニッサン セレナ e-POWER

第96回 クロスオーバーSUV

第95回 大幅改良版 マツダアテンザ

第94回 新型スズキジムニー(その2)

第93回 新型スズキジムニー

第92回 おめでとうトヨタさん! & RINKU 7 DAYレポート

第91回 名車 R32スカイラインGT-Rの開発

第90回 やすらかにおやすみ下さい 山本健一様(最終回)

第89回 安らかにおやすみ下さい 山本健一様(その3)

第88回 やすらかにおやすみください。山本健一様(その2)

第87回 ”やすらかにおやすみください。山本健一様”

【編集部より】 車評オンライン休載のお知らせ

第86回 ルノールーテシア R.S.

第85回 光岡自動車

第84回 アウディQ2 1.4 TFSI

第83回 アバルト124スパイダー(ロードスターとの同時比較)

第82回 スズキワゴンRスティングレイ(ターボ)

第81回 最近の輸入車試乗記

第80回 マツダRX-7(ロータリーエンジンスポーツカーの開発物語)の再版によせて (後半その2)

第79回 RX-7開発物語再版に寄せて(後編その1)

第78回 RX-7開発物語の再版によせて(前編)

第77回 ダイハツムーヴキャンバス

第76回 ニッサン セレナ

第75回 PSAグループのクリーンディーゼルと308 SW Allure Blue HDi

第74回 マツダCX-5

第73回 多摩川スピードウェイ

第72回 ダイハツブーン CILQ (シルク)

第71回 アウディA4 セダン(2.0 TFSI)

第70回 マツダデミオ15MB

第69回 輸入車試乗会で印象に残った3台(BMW X1シリーズ、テスラモデルS P85D、VWゴルフオールトラック)

第68回 新型VW ゴルフトゥーラン

第67回 心を動かされた最近の輸入車3台

第66回 第44回東京モーターショー短評

第65回 ジャガーXE

第64回 スパ・ヒストリックカーレース

第63回 マツダロードスター

第62回 日産ヘリテージコレクション

第61回  りんくう7 DAY 2015

第60回 新型スズキアルト

第59 回 マツダCX-3

第58回 マツダアテンザワゴン、BMW 2シリーズ、シトロエングランドC4ピカソ

第57回 スバルレヴォーグ&キャデラックCTSプレミアム

第56回 ホンダ グレイス&ルノー ルーテシア ゼン

第55回 車評コースのご紹介とマツダデミオXD Touring

第54回 RJCカーオブザイヤー

第53回 スバルWRX S4

第52回 メルセデスベンツC200

第51回 スズキスイフトRS-DJE

第50回 ダイハツコペン

第49回 マツダアクセラスポーツXD

第48回 ホンダヴェゼルハイブリッド4WD

第47回 ふくらむ軽スポーツへの期待

第46回 マツダアクセラスポーツ15S

第45回  最近の輸入車試乗記

第44回 スズキハスラー

論評29 東京モーターショーへの苦言

第43回 ルノールーテシアR.S.

論評28 圧巻フランクフルトショー

論評27 ルマン90周年イベント

第42回 ボルボV40

第41回 ゴルフⅦ

第40回 三菱eKワゴン

論評26 コンシューマーレポート(2)

論評25  コンシューマーレポート(1)

第39回  ダイハツムーヴ

第38回 第33回輸入車試乗会

第37回 マツダアテンザセダン

第36回 ホンダN-ONE

第35回 スズキワゴンR

第34回 フォルクスワーゲン「up!」

第33回 アウディA1スポーツバック

第32回 BRZ、ロードスター、スイフトスポーツ比較試乗記

第31回 シトロエンDS5

第30回 スバルBRZ

第29回 スズキスイフトスポーツ

第28回 SKYACTIV-D搭載のマツダCX-5

論評24   新世代ディーゼル SKYACTIV-D

第27回 輸入車試乗会 

論評23 モーターショーで興味を抱いた5台

論評22 これでいいのか東京モーターショー

論評21 日本車の生き残りをかけて

執筆者プロフィール

1941年(昭和16年)東京生まれ。東洋工業(現マツダ)入社後、8年間ロータリーエンジンの開発に携わる。1970年代は米国に駐在し、輸出を開始したロータリー車の技術課題の解決にあたる。帰国後は海外広報、RX-7担当主査として2代目RX-7の育成と3代目の開発を担当する傍らモータースポーツ業務を兼務し、1991年のルマン優勝を達成。その後、広報、デザイン部門統括を経て、北米マツダ デザイン・商品開発担当副社長を務める。退職後はモータージャーナリストに。共著に『マツダRX-7』『車評50』『車評 軽自動車編』、編者として『マツダ/ユーノスロードスター』、『ポルシェ911 空冷ナローボディーの時代 1963-1973』(いずれも三樹書房)では翻訳と監修を担当。そのほか寄稿多数。また2008年より三樹書房ホームページ上で「車評オンライン」を執筆。

関連書籍
ポルシェ911 空冷・ナローボディーの時代 1963-1973
車評 軽自動車編
トップページヘ