三樹書房
トップページヘ
syahyo
第111回 東京オートサロンの魅力
2020.1.27

今回は2020年1月10日から12日まで幕張メッセで開かれたカスタムカーと関連製品の展示会「TOKYO AUTO SALON 2020」に関連するご報告を私が撮った写真を中心に行いたい。実質的には二日半の一般公開期間の入場者は過去最多の336,060人となり、会場はクルマと展示製品、そして人であふれかえっていた。東京モーターショーに比べてクルマ好きの人たちにとってははるかに魅力的なショーであることは間違いなく、今後の東京モーターショーのあるべき姿への大きな示唆も与えてくれるものになると思う。

04-dai11101 .jpg

04-dai11102 .jpg

04-dai11103 .jpg

04-dai11104 .jpg


04-dai11105 .jpg

04-dai11106 .jpg

04-dai11107 .jpg

04-dai11108 .jpg


これらの写真は会場と一部メーカーのブースの風景だが、今回最も力が入っていたのはトヨタで、「GRヤリス」のグローバルデビューを行い、プレス対象の時間帯に豊田章男社長が出席、「GRヤリス」による世界ラリー選手権挑戦も発表した。東京モーターショーにおけるトヨタのブースとはその意気込みが違うように感じた。

トヨタ以外のメーカーの発表内容には余インパクトのあるものは見られず、例えばマツダの事例をご紹介するならば、「モータースポーツ」というテーマは悪くはないのだが、どのような活動に結びつけてゆくかの具体的な提案がなかったのはが残念だ。今年のデイトナ24時間への挑戦、アメリカのIMSAとル・マンとの競技規則の統一化に対する今後のマツダの戦略、底辺モータースポーツへの注力、モータースポーツとSKYACTIV技術との今後の関りなどを是非とも発表し、関連する車両やエンジンなどを展示して欲しかったと思うのは私だけではないはずだ。

04-dai11109 .jpg

04-dai11110 .jpg

04-dai11111 .jpg

04-dai11112 .jpg

グローバルデビューした「GRヤリス」はモータースポーツを前提に新開発された1.6L 3気筒ターボエンジン(272ps)、6速マニュアルトランスミッション、センターデフのない電子制御4WD、スポーツモード付VSCなどを装備、価格は396万(RZ)と、456万(RZハイパフォーマンス)だが、今後世界ラリー選手権でどのような活躍を見せるかは非常に興味深いものがある。ホモロゲーション上、連続した12か月間に2500台以上の生産、ベース車両全体で25,000台以上の生産台数が必要とのこと、1月10日から6月30日までの期間限定予約で果たしてどのような予約実績に結びつくか注目したい。

04-dai11117 .jpg

04-dai11118 .jpg

04-dai11119 .jpg

04-dai11120 .jpg

04-dai11121 .jpg

04-dai11122 .jpg


04-dai11123 .jpg

04-dai11124 .jpg

04-dai11125 .jpg

04-dai11126 .jpg

毎回オートサロンの出展車両の中で非常に多いのが「スーパーカー」だが、今回はそれに加えて「スーパーSUV」と呼んでもいいクルマが多く出展されていたのが印象的だったので、それらの一部を私の写真で恐縮だがご覧いただければ幸いだ。これらのクルマはクルマ好きの人たちにとって、自分の購入対象にはなりにくいが非常に興味深いカテゴリーであり、東京モーターショーではほとんどお目にかかれない車種だし、輸入業者にしても東京モーターショーに出展する費用は非常に高額と聞いているので、とても負担できるものではないだろう。

04-dai11113 .jpg

04-dai11114 .jpg

04-dai11115 .jpg

04-dai11116 .jpg

04-dai11127 .jpg

04-dai11128 .jpg

04-dai11129 .jpg

04-dai11130 .jpg

04-dai11131 .jpg

04-dai11132 .jpg

「スーパーカー」、「スーパーSUV」とは対照的な軽自動車、中でも軽SUVも軽市場の中で大きなシェアーをしめており、スズキのハスラー、ダイハツのタフト、三菱のeKクロスなどは今後の市場評価が楽しみなモデルだし、ホンダの「S660」、「コペンGRスポーツ」などの軽スポーツも興味深い。

今回会場内に出展されたいたクルマの中で最も目についたのはトヨタスープラと、すでに導入後30年近く経過したFDRX-7のカスタムカーの展示だった。電気自動車、自動運転などが拡大してゆく中でも「スポーツカー」が依然として多くのクルマファンの心を捉えるものであることを意味しているのではないだろうか。

18年末に納車を始めたスーパーSUV「カリナン」がロールスロイスの販売台数を牽引、2019年の販売台数が25%も伸びるとともに、購入者の平均年齢が10歳以上若返ったという。これは一つの示唆を与えてくれるもので、セダン、ハッチバック、ステーションワゴン、ワンボックスカーなどの従来型商品体系にこだわらず、心高まる「スポーツカー」、「スポーツバージョン」、「スポーツユーティリティービークル」など活動的なライフスタイルに対応した商品系列を充実することは、今後の日本メーカーの生き残り&市場開拓にとって非常に大切なことではないかというのが、今回のオートサロンを通じて私が改めて感じ取ったポイントだ。

以下は今後の東京モーターショーに対する私の提案であるが、会場内に「スーパーカーコーナー」、「スーパーSUVコーナー」、「モータースポーツコーナー」、「スポーツカーコーナー」などを設け、主催者側(自動車工業会)がスペース費用は全て負担し、関係社には展示車両の提供だけをしていただくことを真剣に考えてみる価値があるのではないだろうか? これらのコーナーの増設はクルマファンの来場の大きな引き金になるものと確信する。東京モーターショーの会場、期間に関しても一言追記しておくと、有明と青海の分割された会場での開催は避けるべきで、もう一度幕張に戻すことも真剣に検討すべきではないか? また一般公開は出展社の費用低減も考えれば7日もあれば十分だと思う。


このページのトップヘ
BACK NUMBER

第114回 マツダ欧州レースの記録 (1968-1970) その2

第113回 マツダ欧州レースの記録 1968-1970 その1

第112回 私の心を捉えた輸入車(2020年JAIA試乗会)

第111回 東京オートサロンの魅力

第110回 RJC カーオブザイヤー

第109回 私の2019カーオブザイヤーマツダCX-30

第108回 大きな転換期を迎えた東京モーターショー

第107回 世界初の先進運転支援技術を搭載した新型スカイライン

第106回 新型ダイハツタントの商品開発

第105回 躍進するボルボ

第104回 伝記 ポール・フレール

第103回 BMW M850i xDrive Coupe

第102回 日産DAYZ

第101回 Consumer Reports

第100回 2019年JAIA試乗会

第99回 東京モーターショーの再興を願う

第98回 2019年次 RJCカーオブザイヤー

第97回 ニッサン セレナ e-POWER

第96回 クロスオーバーSUV

第95回 大幅改良版 マツダアテンザ

第94回 新型スズキジムニー(その2)

第93回 新型スズキジムニー

第92回 おめでとうトヨタさん! & RINKU 7 DAYレポート

第91回 名車 R32スカイラインGT-Rの開発

第90回 やすらかにおやすみ下さい 山本健一様(最終回)

第89回 安らかにおやすみ下さい 山本健一様(その3)

第88回 やすらかにおやすみください。山本健一様(その2)

第87回 ”やすらかにおやすみください。山本健一様”

【編集部より】 車評オンライン休載のお知らせ

第86回 ルノールーテシア R.S.

第85回 光岡自動車

第84回 アウディQ2 1.4 TFSI

第83回 アバルト124スパイダー(ロードスターとの同時比較)

第82回 スズキワゴンRスティングレイ(ターボ)

第81回 最近の輸入車試乗記

第80回 マツダRX-7(ロータリーエンジンスポーツカーの開発物語)の再版によせて (後半その2)

第79回 RX-7開発物語再版に寄せて(後編その1)

第78回 RX-7開発物語の再版によせて(前編)

第77回 ダイハツムーヴキャンバス

第76回 ニッサン セレナ

第75回 PSAグループのクリーンディーゼルと308 SW Allure Blue HDi

第74回 マツダCX-5

第73回 多摩川スピードウェイ

第72回 ダイハツブーン CILQ (シルク)

第71回 アウディA4 セダン(2.0 TFSI)

第70回 マツダデミオ15MB

第69回 輸入車試乗会で印象に残った3台(BMW X1シリーズ、テスラモデルS P85D、VWゴルフオールトラック)

第68回 新型VW ゴルフトゥーラン

第67回 心を動かされた最近の輸入車3台

第66回 第44回東京モーターショー短評

第65回 ジャガーXE

第64回 スパ・ヒストリックカーレース

第63回 マツダロードスター

第62回 日産ヘリテージコレクション

第61回  りんくう7 DAY 2015

第60回 新型スズキアルト

第59 回 マツダCX-3

第58回 マツダアテンザワゴン、BMW 2シリーズ、シトロエングランドC4ピカソ

第57回 スバルレヴォーグ&キャデラックCTSプレミアム

第56回 ホンダ グレイス&ルノー ルーテシア ゼン

第55回 車評コースのご紹介とマツダデミオXD Touring

第54回 RJCカーオブザイヤー

第53回 スバルWRX S4

第52回 メルセデスベンツC200

第51回 スズキスイフトRS-DJE

第50回 ダイハツコペン

第49回 マツダアクセラスポーツXD

第48回 ホンダヴェゼルハイブリッド4WD

第47回 ふくらむ軽スポーツへの期待

第46回 マツダアクセラスポーツ15S

第45回  最近の輸入車試乗記

第44回 スズキハスラー

論評29 東京モーターショーへの苦言

第43回 ルノールーテシアR.S.

論評28 圧巻フランクフルトショー

論評27 ルマン90周年イベント

第42回 ボルボV40

第41回 ゴルフⅦ

第40回 三菱eKワゴン

論評26 コンシューマーレポート(2)

論評25  コンシューマーレポート(1)

第39回  ダイハツムーヴ

第38回 第33回輸入車試乗会

第37回 マツダアテンザセダン

第36回 ホンダN-ONE

第35回 スズキワゴンR

第34回 フォルクスワーゲン「up!」

第33回 アウディA1スポーツバック

第32回 BRZ、ロードスター、スイフトスポーツ比較試乗記

第31回 シトロエンDS5

第30回 スバルBRZ

第29回 スズキスイフトスポーツ

第28回 SKYACTIV-D搭載のマツダCX-5

論評24   新世代ディーゼル SKYACTIV-D

第27回 輸入車試乗会 

論評23 モーターショーで興味を抱いた5台

論評22 これでいいのか東京モーターショー

論評21 日本車の生き残りをかけて

執筆者プロフィール

1941年(昭和16年)東京生まれ。東洋工業(現マツダ)入社後、8年間ロータリーエンジンの開発に携わる。1970年代は米国に駐在し、輸出を開始したロータリー車の技術課題の解決にあたる。帰国後は海外広報、RX-7担当主査として2代目RX-7の育成と3代目の開発を担当する傍らモータースポーツ業務を兼務し、1991年のルマン優勝を達成。その後、広報、デザイン部門統括を経て、北米マツダ デザイン・商品開発担当副社長を務める。退職後はモータージャーナリストに。共著に『マツダRX-7』『車評50』『車評 軽自動車編』、編者として『マツダ/ユーノスロードスター』、『ポルシェ911 空冷ナローボディーの時代 1963-1973』(いずれも三樹書房)では翻訳と監修を担当。そのほか寄稿多数。また2008年より三樹書房ホームページ上で「車評オンライン」を執筆。

関連書籍
ポルシェ911 空冷・ナローボディーの時代 1963-1973
車評 軽自動車編
トップページヘ