三樹書房
トップページヘ
catalog
第84回 英国人のハートをつかんだフィガロ
2019.7.27

 友人から、英国にニッサン・フィガロがあふれているのをご存知かとのメールと、その様子を載せた「AUTO EXPRESS」誌のURLが送られてきた。筆者は残念ながら知らなかったので、早速、記事を確認したら、2016年7月6日の記事で、フィガロオーナーズクラブ主催のフィガロ生誕25周年記念ミーティングが紹介されていた。フィガロは1991年に国内販売専用車として2万台が限定生産されたが、記事によると4500台ほどが英国にあり、購入価格は2000~2万ポンド(1991年の平均為替レートは1ポンド:238円として47.6万円~476万円。英国のフィガロオーナーズクラブが設立された2009年には1ポンド:146円として29.2万円から292万円)と記されている。国内での新車販売価格は187万円であった。愛される理由は、まずは、まだ英国車が元気であった1950年代をしのばせるレトロでキュートなデザイン、稀少性、そして何よりも魅力なのは故障しないという信頼性だという。

05-84-01.jpg

05-84-02.jpg

上の2点は英国のフィガロオーナーズクラブ紹介のパンフレット。クラブは2009年3月に設立され、メンバーは英国のみでなく、日本、ニュージーランド、オーストラリア、米国、カナダ、ドイツ、フランス、ベルギー、スエーデンなどワールドワイドで1600名ほど。メンバーたちはクラシカルな姿に現代的な機能を備えたちょっと風変わりなフィガロは、乗るひと、見るひとたちを笑顔にしてくれるし、混雑した駐車場でも容易に駐車でき、探す時も見つけやすいなど満足しているようだ。

05-84-03.jpg

05-84-04.jpg

05-84-05.jpg

05-84-06.jpg

上の4点は「AUTO EXPRESS」誌に掲載された、2016年に開催されたフィガロオーナーズクラブ主催のフィガロ生誕25周年記念ミーティングの様子。当日は英国ウォリックシャー州にあるロクゾールアビーホテル&エステート(Wroxall Abbey Hotel & Estate)に275台のフィガロが集結したとある。(Photos:Auto Express)

05-84-07.jpg

1989年10月、幕張メッセで開催された第28回東京モーターショーに登場し、熱い視線を浴びるフィガロのプロトタイプ。(Photo:Nissan Motor Co., Ltd.)

05-84-08.jpg

05-84-09.jpg

05-84-10.jpg

上の5点の写真は第28回東京モーターショーに出展されたフィガロのプロトタイプ。エンジンフードの形状、サイドシルモールディング、リア周りの処理、リアウインドー形状など量産車とは異なる。(Photos:Nissan Motor Co., Ltd.)

05-84-11.jpg

05-84-12.jpg

05-84-13.jpg

上の3点はフィガロクラブのクラブマガジン「FIGARIST」パイロット号。フィガロは限定2万台を3回の抽選で販売され、抽選に申し込むと、自動的にフィガロクラブのメンバーとなり、クラブマガジンがついてきた。そして運が良ければ抽選に当たった。このマガジンは全3号発刊の期限付き会員誌であった。第1回は8000台分を、1991年2月14日、バレンタインデーに申し込み開始、3月14日締め切り、4月6日抽選結果発表。第2回は6000台分を、同年3月15日申し込み開始、6月16日締め切り、6月29日抽選結果発表。第3回は6000台分を、同年6月17日申し込み開始、8月31日締め切り、9月14日抽選結果発表。いずれの回も契約後3カ月以内に納車されると記されている。フィガロの名前は、モーツァルトの歌劇「フィガロの結婚」に登場する主人公の男性の名前から借用したもので、マガジン表紙中央には「恋愛のために生きる。フィガロ」のコピーが控えめに載る。それにしても、英国のファンの多くは、フィガロを女性とみなして「SHE」と称している。

05-84-14.jpg

05-84-15.jpg

フィガロの魅力的なカタログ。パリ、東京、ニューヨークのシーンが載るが、3人の若手気鋭監督を起用した、全編フィガロが疾走するオムニバス映画(全3編)、パリ編「LIBRARY LOVE」をA. アグレスティ監督、東京編「月の人」を林海象監督、ニューヨーク編「KEEP IT FOR YOURSELF」をクレール・ドニ監督、そして総合プロデューサーにアーティスティックな映画の製作者として国際的に著名なキース・カサンダーを迎えて製作し、ゴールデンウイークの東京を皮切りに、札幌、横浜、名古屋、京都、大阪、福岡で公開された。

05-84-16.jpg

これもカタログの一部。フィガロはリアピラーとサイドルーフレールは固定されているが、スライディングソフトトップを備え、オープンエアモータリングが堪能できた。ソフトトップの開閉は手動であったが、本革シートやパワーウインドーを標準装備していた。フロントフェンダーとエプロンはBe-1と同様「フレックスパネル(Flex Panel)」樹脂製。ベースは初代マーチで、ボディー架装は高田工業で委託生産された。MA10ET型987cc直列4気筒OHCターボ76馬力エンジン+3速ATを積む。サイズは全長3740mm、全幅1630mm、全高1365mm、ホイールベース2300mm、車両重量810kg、乗車定員4名。ボディーカラーは四季をイメージした、上段左からエメラルド(春)、ペールアクア(夏)、下段左からトパーズミスト(秋)、ラピスグレイ(冬)の4色で、ルーフトップ部はいずれもホワイトであった。テレビドラマ「相棒」の中に登場する杉下右京の愛車フィガロは黒に塗られている。

05-84-17.jpg

05-84-18.jpg

05-84-19.jpg

 日産自動車の初代マーチをベースとしたパイクカー・シリーズは、バブル景気が始まった1987年に「Be-1」が発売され、バブル景気絶頂期の1989年に「パオ」が発売され、そして、バブル景気が終焉を迎えつつあった1991年に「フィガロ」が発売されている。日経平均株価の変化に注目すると、1986年の最安値1万2881円に対し1987年の最高値は2万6646円に上昇。1989年12月には最高値3万8915円を記録している。しかし、1990年に入るとバブルははじけ、10月には最安値2万221円に暴落している。1991年はやや持ち直し、最高値2万7146円/最安値2万1456円/年平均2万4295円を維持するが、1992年には最安値1万4309円まで下落している。
 フィガロ誕生と同じ年の5月に伝説のディスコ「ジュリアナ東京」が誕生している。1994年8月には消滅したバブル時代最後のあだ花であった。

このページのトップヘ
BACK NUMBER

第86回 シトロエン創立100周年記念イベント

第85回 「モーターファン」誌1952年1月号に載った広告

第84回 英国人のハートをつかんだフィガロ

第83回 サクラ・オートヒストリーフォーラム2019

第82回 ジャパン・クラシック・オートモービル 2019

第81回 Automobile Council 2019

第80回 MINIの60周年記念

第79回 日産自動車初の大型トラック&バス(80型/90型)

第78回 東京オートサロン 2019

第77回 新町暮らシックCarまちなか博物館

第76回 2018トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバルin神宮外苑

第75回 三菱500

第74回 空飛ぶクルマ

第73回 Automobile Council 2018

第72回 戦後から1950年代初頭のジャガー

第71回 フォルクスワーゲンのアメリカ進出

第70回 ACC・JAPANの東京交歓会

第69回 1949年型アメリカ車 – フォード編

第68回 1949年型アメリカ車 –クライスラー編

第67回 サーブ 92

第66回 東京オートサロン2018

第65回 ボルボ・カー・ジャパン、1959年式PV544をトヨタ博物館へ寄贈

第64回 2017トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバルin神宮外苑

番外編 2017トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバルin神宮外苑

第63回 1948年型アメリカ車 – インデペンデント編

第62回 1948年型アメリカ車 – ビッグ3編

第61回 Automobile Council 2017

第60回 1947年型アメリカ車 – インデペンデント編

第59回 1947年型アメリカ車 - ビッグ3編

第58回 戦時下に発行されたアメリカ車メーカーのポスター

第57回 AC & Shelby AC Cobra - 2

第56回 AC & Shelby AC Cobra - 1

第55回 ナッシュヒーレー&ハドソンイタリア

第54回 東京オートサロン2017

第53回 リンカーン コンチネンタル

第52回 2016トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑

第51回 クライスラー300 レターシリーズ – その2

第50回 Automobile Council 2016 – そのⅡ

第49回 Automobile Council 2016

第48回 クライスラー300 レターシリーズ – Ⅰ

第47回 フォードランチェロ

第46回 1954年カイザー・ダーリン161

第45回 1950年代ポンティアックのドリームカー

第44回 1950年代オールズモビルのドリームカー

第43回 1950年代ビュイックのドリームカー

第42回 1950年代キャディラックのドリームカー

第41回 クラシックカー・フェスティバル

第40回 アメリカの初期SUV/MPV

第39回 メトロポリタン

第38回 フォード サンダーバード

第37回 シボレーコルベット(第1世代 – 2/2)

第36回 シボレーコルベット(第1世代 – 1/2)

第35回 1950年代のアメリカンドリームカー(4)

第34回 1950年代のアメリカンドリームカー(3)

第33回 1950年代のアメリカンドリームカー(2)

第32回 1950年代のアメリカンドリームカー(1)

第31回 1940年代のアメリカンドリームカー

第30回 戦後のアメリカ車 - 11 :1940年代の新型車(フォード)

第29回 戦後のアメリカ車 - 10 :1940年代の新型車(GM)

第28回 戦後のアメリカ車 - 9 :1940年代の新型車(パッカード)

第27回 戦後のアメリカ車 - 8 :1940年代の新型車(タッカー)

第26回 戦後のアメリカ車 - 7 :1940年代の新型車(ナッシュ)

第25回 戦後のアメリカ車 - 7 :1940年代の新型車(ハドソン)

第24回 戦後のアメリカ車 - 6 :1940年代の新型車(クライスラー・タウン&カントリー)

第23回 戦後のアメリカ車 - 5 :1940年代の新型車(クロスレイ)

第22回 戦後のアメリカ車 - 4 :1940年代の新型車(カイザー/フレーザー)

第21回 戦後のアメリカ車 - 3 :1940年代の新型車(スチュードベーカー)

第20回 戦後のアメリカ車 - 2 :1940年代の新型車(ウイリス/ジープ)

第19回 戦後のアメリカ車 - 1 :1946年型の登場(乗用車の生産再開)

第18回 アメリカ車 :序章(6)1929~1937年コード・フロントドライブ

第17回 アメリカ車 :序章(5)1934~37年クライスラー・エアフロー

第16回 アメリカ車:序章(4)1924~1929年

第15回 アメリカ車 :序章(3)1917~1923年

第14回 アメリカ車 :序章(2)フォード モデルT(1908年~1927年)

第13回 アメリカ車 :序章(1) 登場~1919年

第12回 AF+VKの世界:1959~1971年型ポンティアックのカタログ

第11回 コペンの屋根:リトラクタブルハードトップ

第10回 スクリーンで演技するクルマたち

第9回 シトロエンDSのこと

第8回 よみがえった『力道山のロールスロイス』

第7回 メルセデス・ベンツ300SL - SLクラスの60周年を祝して

第6回 近代的国産乗用車のタネ:外車のKD生産(その2)

第5回 近代的国産乗用車のタネ:外車のKD生産(その1)

第4回 短命だった1942年型アメリカ車のカタログ

第3回 「ラビット」から「スバル」へ - スバル最初の軽乗用車と小型乗用車

第2回 「キ77」と電気自動車「たま」。そして「日産リーフ」

第1回 自動車カタログ収集ことはじめ

執筆者プロフィール

1937年(昭和12年)東京生まれ。1956年に富士精密機械工業入社、開発業務に従事。1967年、合併した日産自動車の実験部に移籍。1970年にATテストでデトロイト~西海岸をクルマで1往復約1万キロを走破し、往路はシカゴ~サンタモニカまで当時は現役だった「ルート66」3800㎞を走破。1972年に海外サービス部に移り、海外代理店のマネージメント指導やノックダウン車両のチューニングに携わる。1986年~97年の間、カルソニック(現カルソニック・カンセイ)の海外事業部に移籍、うち3年間シンガポールに駐在。現在はRJC(日本自動車研究者ジャーナリスト会議)および米国SAH(The Society of Automotive Historians, Inc.)のメンバー。1954年から世界の自動車カタログの蒐集を始め、日本屈指のコレクターとして名を馳せる。著書に『プリンス 日本の自動車史に偉大な足跡を残したメーカー』『三菱自動車 航空技術者たちが基礎を築いたメーカー』『ロータリーエンジン車 マツダを中心としたロータリーエンジン搭載モデルの系譜』(いずれも三樹書房)。そのほか、「モーターファン別冊すべてシリーズ」(三栄書房)などに多数寄稿。

関連書籍
ロータリーエンジン車 マツダを中心としたロータリーエンジン搭載モデルの系譜
三菱自動車 航空技術者たちが基礎を築いたメーカー
トップページヘ