三樹書房
トップページヘ
catalog
第72回 戦後から1950年代初頭のジャガー
2018.7.27

 今回は1940年代の終わりから1950年代初頭にかけて、アメリカに輸出されていた欧州車の中から、ジャガーについて紹介する。

05-72-01.jpg

これは「TIME」誌1949年4月18日号に載ったジャガーの広告。この広告にはジャガーの戦後初の新型車であった「Mark V」の3.5ℓ 125hpセダン(4600ドル)とコンバーティブル(4700ドル)、およびスーパースポーツ3.5ℓ 160hp(XK 120、4745ドル)、2ℓ 105hp(XK 100、4745ドル)が紹介されている。Mark Vの2.5ℓ車は輸入されておらず、またスーパースポーツは6気筒のXK 120と4気筒のXK 100が全く同じ価格設定となってるのは興味深い。実際にはXK 100の生産は見送られた。前回フォルクスワーゲンで紹介したホフマン・モーターカー社が東部地区のディストリビューターとして記載されている。

05-72-02.jpg

05-72-03.jpg

05-72-04.jpg

上の3点は、1948年10月に戦後初めて再開されたブリティッシュ国際モーターショーで発表された、ジャガーの新しいスポーツカー「Jaguar Type XK 100 and 120 Super Sports Models」のプレカタログ。1995cc直列4気筒DOHC 105hpエンジン+4速MT(1速ノンシンクロ)を積むXK 100、および3442cc直列6気筒DOHC 160hpエンジン+4速MT(1速ノンシンクロ)を積むXK 120の2モデルが設定されていた。しかし、4気筒のXK 100は市販されず、製作されたのは1台だけと言われる。サスペンションはフロントがウイッシュボーン+トーションバーで、リアは半楕円リーフ+リジッドアクスル。ブレーキは前後ともドラムであった。サイズは全長4270mm、全幅1550mm、全高1270mm、ホイールベース2590mm。

05-72-05.jpg

05-72-06.jpg

05-72-07.jpg

上の3点は1948年に発行されたと推定されるMark Vを含んだ総合カラーカタログに記載された「XK Super Sports」。この時点ではまだ4気筒のXK 100と6気筒のXK 120が併記されていた。XK 120の初期の240台ほどにはアルミボディーが架装され、その後、量産し易いスチールボディーに変更されている。

05-72-08.jpg

05-72-09.jpg

上の2点は1948年10月に発表された「Mark V」のサルーン(セダン)で、2664cc直列6気筒OHV 102hpおよび3485cc直列6気筒OHV 125hpの2種類のエンジンが選択可能であった。トランスミッションは4速MTが積まれていた。サスペンションはフロントがウイッシュボーン+トーションバーで、リアは半楕円リーフ+リジッドアクスル。ブレーキは前後ともドラムであった。サイズは全長4760mm、全幅1770mm、全高1590mm、ホイールベース3050mm。「Mark V」の名前については、従来の2.5または3.5リッターサルーンでは、旧型のフロントがリジッドアクスルのモデルと混同してしまうので、フロント独立懸架の開発において、5番目のプロトタイプが量産仕様に採用されたことから「Mark V」と命名された。ベントレーに同じMark Vがあったが、1946年にMark VIに進化しており問題なしと判断したようだ。しかし、1950年10月にジャガーから近代的なサルーンが発表されるが、さすがに「Mark VI」は使えず、「Mark VII」と命名された。従ってジャガーにはMark VIは存在しない。

05-72-10.jpg

Mark Vの姿かたちは戦前からの伝統を引き継いでいるが、内装もしかりで、ウォルナット材のダッシュボードやトランクリッド裏に整然と納められた車載工具など、所有者がステータスを味わうことができる仕掛けがちりばめられていた。

05-72-11.jpg

05-72-12.jpg

05-72-13.jpg

上の3点はMark Vのドロップヘッドクーペ(コンバーティブル)で、上から幌をあげた状態、クーペドヴィル状態、全開にした状態を紹介している。

05-72-14.jpg

これは1949年に発行されたXK 120のカタログの一頁で、1949年5月30日、英国および海外のプレスを、サベナ航空のDC-3をチャーターしてヒースロー空港からベルギーに招待し、ヤッベケ(Jabbeke)ハイウエイでスピードトライアルを実施したときのシーン。記者たちが見守るなか、フライングマイルで132.596m.p.h.(213.394km/h)のスーパーチャージャーなしのカタログモデルで世界最速の公認記録を達成した。この記録は1953年にペガソによって破られている。XK 120のエンジンは高速性能だけにとどまらず、トップギアで16km/hの低速走行が可能なほどのフレキシビリティーを持ち合わせていた。

05-72-15.jpg

これはジャガーカーズ社が米国市場用に発行した「Jaguar Advertising Plan 1954」と題した、紙媒体用の広告用版下のサンプルを多数収めたもので、これはその中の1枚。イラストは1950年10月に発表されたMark VIIサルーン(4255ドルで、ボルグワーナーAT付きは4450ドルとある)。そしてコピーは「あなたの旅行の仕方に豪華な何か ~ あなたの生き方についてエキサイティングな何か ~ 両方がジャガーによって明らかにされます!」。XK 120の港渡し価格は、ロードスター3345ドル、クーペ3875ドル、コンバーティブル3975ドル。そして、ミシシッピー川の東側インポーターはホフマン・モーターカー社で、西側はチャールス H. ホーンバーグ Jr.社となっている。

05-72-16.jpg

1951年3月に追加発表されたXK 120 フィックスドヘッドクーペ(クーペ)。

05-72-17.jpg

1953年4月に追加発表されたXK 120 ドロップヘッドクーペ(コンバーティブル)。

05-72-18.jpg

1950年10月に発表されたMark VIIサルーン。XK 120と同じ3.5ℓ 160hpエンジン+4速MT(1速はノンシンクロ)またはボルグワーナー製3速ATを積む。サスペンションはフロントがウイッシュボーン+トーションバーで、リアは半楕円リーフ+リジッドアクスル。ブレーキは前後ともドラムであった。サイズは全長4990mm、全幅1850mm、全高1600mm、ホイールベース3050mm。上の3点は1953年に発行されたカタログ(ポートフォリオ)のもの。

05-72-19.jpg

1950年頃のジャガーカーズ社の工場の様子。右側がボディー組み立てラインで、左側がアッセンブリーライン。XK 120、Mark Vに加えて左側の高いところにMark VIIが1台確認できる。(Photo:Jaguar Cars)

05-72-20.jpg

輸出のため船積みを待つXK 120たち。およそ80%は米国向けであったという。米国で最初にXK 120を手にしたのはハリウッドスターのクラーク・ゲーブルであった。そして彼はインプレッションを「My Favorite Car」と題して「Road & Track」誌1950年3月号に寄稿している。(Photo:Jaguar Cars)

05-72-21.jpg

XK 120はレースやラリーで活躍したが、ジャガーカーズ社広報から送られてきた写真で、筆者が最も気に入っているのがこのショット。1950年のアルパインラリーに著名なラリードライバーであったイアン & パトリシア・アップルヤード夫妻が、SS100から乗り換えたXK 120で参加し、見事に優勝したときのシーンで、場所はスイスのフルカ峠。パトリシアの父親はジャガーカーズ社の創業者Sirウイリアム・ライオンズである。(Photo:Jaguar Cars)

このページのトップヘ
BACK NUMBER

第93回 アメリカでコレクターズアイテムとなるR32 GT-R?

第92回 戦後のアメリカンコンパクトカー(3)

第91回 戦後のアメリカンコンパクトカー(2)

第90回 東京オートサロン 2020

第89回 戦後のアメリカンコンパクトカー(1)

第88回 シトロエンのロータリーエンジン車

第87回 シトロエン トラクシオンアヴァン

第86回 シトロエン創立100周年記念イベント

第85回 「モーターファン」誌1952年1月号に載った広告

第84回 英国人のハートをつかんだフィガロ

第83回 サクラ・オートヒストリーフォーラム2019

第82回 ジャパン・クラシック・オートモービル 2019

第81回 Automobile Council 2019

第80回 MINIの60周年記念

第79回 日産自動車初の大型トラック&バス(80型/90型)

第78回 東京オートサロン 2019

第77回 新町暮らシックCarまちなか博物館

第76回 2018トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバルin神宮外苑

第75回 三菱500

第74回 空飛ぶクルマ

第73回 Automobile Council 2018

第72回 戦後から1950年代初頭のジャガー

第71回 フォルクスワーゲンのアメリカ進出

第70回 ACC・JAPANの東京交歓会

第69回 1949年型アメリカ車 – フォード編

第68回 1949年型アメリカ車 –クライスラー編

第67回 サーブ 92

第66回 東京オートサロン2018

第65回 ボルボ・カー・ジャパン、1959年式PV544をトヨタ博物館へ寄贈

第64回 2017トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバルin神宮外苑

番外編 2017トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバルin神宮外苑

第63回 1948年型アメリカ車 – インデペンデント編

第62回 1948年型アメリカ車 – ビッグ3編

第61回 Automobile Council 2017

第60回 1947年型アメリカ車 – インデペンデント編

第59回 1947年型アメリカ車 - ビッグ3編

第58回 戦時下に発行されたアメリカ車メーカーのポスター

第57回 AC & Shelby AC Cobra - 2

第56回 AC & Shelby AC Cobra - 1

第55回 ナッシュヒーレー&ハドソンイタリア

第54回 東京オートサロン2017

第53回 リンカーン コンチネンタル

第52回 2016トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑

第51回 クライスラー300 レターシリーズ – その2

第50回 Automobile Council 2016 – そのⅡ

第49回 Automobile Council 2016

第48回 クライスラー300 レターシリーズ – Ⅰ

第47回 フォードランチェロ

第46回 1954年カイザー・ダーリン161

第45回 1950年代ポンティアックのドリームカー

第44回 1950年代オールズモビルのドリームカー

第43回 1950年代ビュイックのドリームカー

第42回 1950年代キャディラックのドリームカー

第41回 クラシックカー・フェスティバル

第40回 アメリカの初期SUV/MPV

第39回 メトロポリタン

第38回 フォード サンダーバード

第37回 シボレーコルベット(第1世代 – 2/2)

第36回 シボレーコルベット(第1世代 – 1/2)

第35回 1950年代のアメリカンドリームカー(4)

第34回 1950年代のアメリカンドリームカー(3)

第33回 1950年代のアメリカンドリームカー(2)

第32回 1950年代のアメリカンドリームカー(1)

第31回 1940年代のアメリカンドリームカー

第30回 戦後のアメリカ車 - 11 :1940年代の新型車(フォード)

第29回 戦後のアメリカ車 - 10 :1940年代の新型車(GM)

第28回 戦後のアメリカ車 - 9 :1940年代の新型車(パッカード)

第27回 戦後のアメリカ車 - 8 :1940年代の新型車(タッカー)

第26回 戦後のアメリカ車 - 7 :1940年代の新型車(ナッシュ)

第25回 戦後のアメリカ車 - 7 :1940年代の新型車(ハドソン)

第24回 戦後のアメリカ車 - 6 :1940年代の新型車(クライスラー・タウン&カントリー)

第23回 戦後のアメリカ車 - 5 :1940年代の新型車(クロスレイ)

第22回 戦後のアメリカ車 - 4 :1940年代の新型車(カイザー/フレーザー)

第21回 戦後のアメリカ車 - 3 :1940年代の新型車(スチュードベーカー)

第20回 戦後のアメリカ車 - 2 :1940年代の新型車(ウイリス/ジープ)

第19回 戦後のアメリカ車 - 1 :1946年型の登場(乗用車の生産再開)

第18回 アメリカ車 :序章(6)1929~1937年コード・フロントドライブ

第17回 アメリカ車 :序章(5)1934~37年クライスラー・エアフロー

第16回 アメリカ車:序章(4)1924~1929年

第15回 アメリカ車 :序章(3)1917~1923年

第14回 アメリカ車 :序章(2)フォード モデルT(1908年~1927年)

第13回 アメリカ車 :序章(1) 登場~1919年

第12回 AF+VKの世界:1959~1971年型ポンティアックのカタログ

第11回 コペンの屋根:リトラクタブルハードトップ

第10回 スクリーンで演技するクルマたち

第9回 シトロエンDSのこと

第8回 よみがえった『力道山のロールスロイス』

第7回 メルセデス・ベンツ300SL - SLクラスの60周年を祝して

第6回 近代的国産乗用車のタネ:外車のKD生産(その2)

第5回 近代的国産乗用車のタネ:外車のKD生産(その1)

第4回 短命だった1942年型アメリカ車のカタログ

第3回 「ラビット」から「スバル」へ - スバル最初の軽乗用車と小型乗用車

第2回 「キ77」と電気自動車「たま」。そして「日産リーフ」

第1回 自動車カタログ収集ことはじめ

執筆者プロフィール

1937年(昭和12年)東京生まれ。1956年に富士精密機械工業入社、開発業務に従事。1967年、合併した日産自動車の実験部に移籍。1970年にATテストでデトロイト~西海岸をクルマで1往復約1万キロを走破し、往路はシカゴ~サンタモニカまで当時は現役だった「ルート66」3800㎞を走破。1972年に海外サービス部に移り、海外代理店のマネージメント指導やノックダウン車両のチューニングに携わる。1986年~97年の間、カルソニック(現カルソニック・カンセイ)の海外事業部に移籍、うち3年間シンガポールに駐在。現在はRJC(日本自動車研究者ジャーナリスト会議)および米国SAH(The Society of Automotive Historians, Inc.)のメンバー。1954年から世界の自動車カタログの蒐集を始め、日本屈指のコレクターとして名を馳せる。著書に『プリンス 日本の自動車史に偉大な足跡を残したメーカー』『三菱自動車 航空技術者たちが基礎を築いたメーカー』『ロータリーエンジン車 マツダを中心としたロータリーエンジン搭載モデルの系譜』(いずれも三樹書房)。そのほか、「モーターファン別冊すべてシリーズ」(三栄書房)などに多数寄稿。

関連書籍
ロータリーエンジン車 マツダを中心としたロータリーエンジン搭載モデルの系譜
三菱自動車 航空技術者たちが基礎を築いたメーカー
トップページヘ