三樹書房
トップページヘ
syahyo
第68回 新型VW ゴルフトゥーラン
2016.1.27

今回は、1月初めに国内市場に導入された新型VWゴルフトゥーランをご紹介しよう。11年ぶりのフルモデルチェンジで、最新の生産方式MQB(後述)に基づいて開発され、ボディーサイズは若干拡大されたが、重量は20kg減少、新開発の1.4L TSIエンジン(インタークーラー付きターボ)と7速DSGの組み合わせにより、不足のない走りと18.5km/Lのモード燃費を実現している。シートアレンジの工夫も含めて実用性も向上、一段と魅力的なミニバンに成長していることを確認した。

04-dai6801.jpg

04-dai6802.jpg

従来型ゴルフトゥーラン
新型ゴルフトゥーランの説明に入る前に、私が現在も所有する従来型のゴルフトゥーランに一言触れておこう。89年型ポルシェカレラ4からマツダRX-8に乗り換えたのが2006年のはじめ、以来7年間RX-8を愛用してきたが、終の棲家に同居してくれることになった娘一家も含めて4人以上が乗れるクルマが必須となり、選択したのが7人乗りゴルフトゥーランの極上の中古車だった。従来型ゴルフトゥーランに対する家族の評価は非常に高く、一部の問題はあるものの(最近4.5万キロでウォーターポンプから異音が発生交換、同じく4.5万キロあたりから発進後のセカンドギヤのクラッチジャダー(振動)が気になりはじめた。)スポーツカーとの接点が長かった私の視点からも、内外装デザイン、使い勝手、走りと燃費、ステアリング・ハンドリング、Fun to Drive性、サイズ的な扱いやすさなど非常に満足度の高いクルマで、もうしばらく乗り続けたいと考えている。そのような視点からゴルフトゥーランの進化が私の目にどのように映ったか、以下ご報告したい。


新型ゴルフトゥーランの商品概要
今回のゴルフトゥーランは11年ぶりのフルモデルチェンジだ。最新の生産方式MQB(英語での表現はモジュラートランスバースマトリックスという、VWが開発した、ポロからパサートまでセグメントを超えて共通部品を増やして生産効率を上げる生産方式で、最大の特徴は、全てのエンジンを同じ位置に搭載できることにある。)を使用、ボディーサイズは若干大きくなり、3列目のシートを中心に居住性が向上、セカンドシートはこれまでの脱着式に代わり、フラット化が実現した。3列目に大人が座っての長距離ドライブはちょっときついが、短距離なら全く問題なく、1列目、2列目に大人5人が十分に座ることが出来る上に、大きすぎず、日常生活での使用が非常に便利なコンパクトミニバンだ。ボディーサイズのアップにも関わらず、車両重量は20kg軽量化されている。

デザインは、これまでのものもシンプルで好感のもてるものだったが、新型ではよりスポーティーでパワフルな外観スタイル、上質でドライバー志向の内装デザインになった。新開発の1.4L TSIエンジン(インタークーラー付きターボ)と7速DSGの組み合わせにより、不足のない走りと18.5km/Lのモード燃費を実現している。安全装備や運転支援システムも充実、TSI Trendlineというベースモデル(車両本体価格 \2,847,000)も新たに設定された。

04-dai6803.jpg

04-dai6804.jpg

04-dai6805.jpg

04-dai6806.jpg

内外装デザイン
彫の深いキャラクターラインの入ったサイドシルエット、そのキャラクターラインとテールランプの一体感、水平基調のラインで構成されたフロントフェイスなどにより、外観デザインが一新された。内装はダッシュボードがドライバー志向になるとともに、各部にクロームのアクセントが追加され質感が向上している。一新された内外装デザインは大半の人にはプラス効果をもたらすものと思われるが、一方で従来モデルのシンプルで落ち着いた外観デザインと、クロームを使用しない内装デザインに好感を持つ人も少なくないと思われるので、従来型のユーザーが新型のデザインをどのように評価されるかは興味深いところだ。

04-dai6807.jpg

04-dai6808.jpg

04-dai6809.jpg

04-dai6810.jpg

居住性、実用性
ホイールベースが110mm延長され、全長が130mm、全幅が35mm広くなり、全高は0~30mm 低くなった。3列目のレッグスペースが54mm拡大、セカンドシートが前方にスライドする「イージーエントリー機能」の採用により3列目シートへの乗り降りが大幅に改善された。また3列目シートがヘッドレストを外さなくてもフラット化が可能となった。上級2グレードにオプション設定でき、ワンタッチで座面がもちあがる後席一体型チャイルドシートも、子供の安全面からも好ましい機能で、価格も決して高くない。2列目の脱着機能が廃止された代わりにフラット化が可能になり、非常に広いラッゲジスペースが得られる。4人乗車で、スキーを車内に搭載したスキー旅行が容易なのもうれしい。上級2グレードでは助手席のフラット化も可能で、サーフボードなども積載出来る。日本のクルマにはスキーや、スノーボードを含む遊びへの配慮が足りないモデルが多い中で、これらの機能は大きな魅力だ。

04-dai6811.jpg

04-dai6812.jpg

走る、曲がる、止まる
今回の試乗は横浜ベイサイドマリーナベースの短時間なものだったので、実用燃費も含めた長時間な試乗をマツダプレマシーなどと同時に行えればと思う。新開発のアルミブロック1.4L TSIエンジンは、1,500-3,500rpmの間で最大トルク250Nmを発揮するインタークーラー付きターボで(最高出力は、150ps(110kW)/5,000-6,000rpm)低速からの不足のない走りに加え、18.5km/LのJC08モード燃費を実現(従来型は15.0km/L)、実用燃費もかなり改善されているはずだ。(ちなみに、私のクルマの年間平均燃費は11km/L弱)

また従来型Golf Touranで非常に満足しているステアリング・ハンドリングは、新型では一段とリニアで気持ちの良いものになっている。フロントはマクファーソン、リアは4リンクの4輪独立懸架となっていることも貢献しているのだろう。乗り心地の新旧比較も行いたかったので、16インチタイヤ装着のTSI Comfortlineを試乗車に選択したが、新車ということもあってか、新型の方が路面からの突き上げがやや大きいように感じた。

04-dai6813.jpg

04-dai6814.jpg

先進安全技術
新型ゴルフトゥーランでうれしいのは先進安全技術や運転支援システムの充実だ。従来型モデルにおいても、6つのエアバックを含むアクティブ、パッシブセーフティーはかなり充実していたが、新型ではエアバックが9つになるとともに、「全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロール」、「レーンキープアシスト」、「ドライバー疲労検知システム」、「プロアクティブ乗員保護」、「プリクラッシュブレーキシステム」、「ポストコリジョンブレーキシステム」、「アクティブボンネット」、そして前述の「後席一体型チャイルドシート」などが、一部グレード限定はあるものの、幅広く採用されている。

新型ゴルフトゥーランを一言でいえば
新型ゴルフトゥーランを一言でいえば、大きすぎず、小さすぎず、ジャストサイズのコンパクトミニバンだ。スライドドアでないことがマイナス要素となる人もいらっしゃるとは思うが、内外装デザイン、走りと燃費、使い勝手などを総合して、目下国産車の中には匹敵するモデルはないと言っても言い過ぎではない。各種の安全技術も大きな魅力で、価格もリーズナブルだ。国産車だとマツダプレマシーが最も近いカテゴリーで、運転することの楽しいミニバンだが、デザインには魅力を感じなかった。間もなくモデルチェンジといううわさもあり、もしそうなれば、是非相対比較を行ってみたい。

試乗車グレード TSI Comfortline
・全長 4,535 mm
・全幅 1,830 mm
・全高 1,660 mm
・ホイールベース 2,785 mm
・車両重量 1,540 kg
・エンジン 直列4気筒DOHCインタークーラー付きターボ(4バルブ)
・排気量 1,394 cc
・圧縮比 10.0
・最高出力 150ps(110kW)/5,000-6,000rpm
・最大トルク 25.5kgm(250N・m)/1,500-3,500rpm
・変速機 自動7段(DSG)
・タイヤ 205/60R16
・タンク容量 60 L
・JC08モード燃費 18.5 km/L
・試乗車車両本体価格 3,170,000円(消費税込)
 (参考:TSI Trendline \2,847,000、TSI Highline: \3,769,000)

このページのトップヘ
BACK NUMBER

第84回 アウディQ2 1.4 TFSI

第83回 アバルト124スパイダー(ロードスターとの同時比較)

第82回 スズキワゴンRスティングレイ(ターボ)

第81回 最近の輸入車試乗記

第80回 マツダRX-7(ロータリーエンジンスポーツカーの開発物語)の再版によせて (後半その2)

第79回 RX-7開発物語再版に寄せて(後編その1)

第78回 RX-7開発物語の再版によせて(前編)

第77回 ダイハツムーヴキャンバス

第76回 ニッサン セレナ

第75回 PSAグループのクリーンディーゼルと308 SW Allure Blue HDi

第74回 マツダCX-5

第73回 多摩川スピードウェイ

第72回 ダイハツブーン CILQ (シルク)

第71回 アウディA4 セダン(2.0 TFSI)

第70回 マツダデミオ15MB

第69回 輸入車試乗会で印象に残った3台(BMW X1シリーズ、テスラモデルS P85D、VWゴルフオールトラック)

第68回 新型VW ゴルフトゥーラン

第67回 心を動かされた最近の輸入車3台

第66回 第44回東京モーターショー短評

第65回 ジャガーXE

第64回 スパ・ヒストリックカーレース

第63回 マツダロードスター

第62回 日産ヘリテージコレクション

第61回  りんくう7 DAY 2015

第60回 新型スズキアルト

第59 回 マツダCX-3

第58回 マツダアテンザワゴン、BMW 2シリーズ、シトロエングランドC4ピカソ

第57回 スバルレヴォーグ&キャデラックCTSプレミアム

第56回 ホンダ グレイス&ルノー ルーテシア ゼン

第55回 車評コースのご紹介とマツダデミオXD Touring

第54回 RJCカーオブザイヤー

第53回 スバルWRX S4

第52回 メルセデスベンツC200

第51回 スズキスイフトRS-DJE

第50回 ダイハツコペン

第49回 マツダアクセラスポーツXD

第48回 ホンダヴェゼルハイブリッド4WD

第47回 ふくらむ軽スポーツへの期待

第46回 マツダアクセラスポーツ15S

第45回  最近の輸入車試乗記

第44回 スズキハスラー

論評29 東京モーターショーへの苦言

第43回 ルノールーテシアR.S.

論評28 圧巻フランクフルトショー

論評27 ルマン90周年イベント

第42回 ボルボV40

第41回 ゴルフⅦ

第40回 三菱eKワゴン

論評26 コンシューマーレポート(2)

論評25  コンシューマーレポート(1)

第39回  ダイハツムーヴ

第38回 第33回輸入車試乗会

第37回 マツダアテンザセダン

第36回 ホンダN-ONE

第35回 スズキワゴンR

第34回 フォルクスワーゲン「up!」

第33回 アウディA1スポーツバック

第32回 BRZ、ロードスター、スイフトスポーツ比較試乗記

第31回 シトロエンDS5

第30回 スバルBRZ

第29回 スズキスイフトスポーツ

第28回 SKYACTIV-D搭載のマツダCX-5

論評24   新世代ディーゼル SKYACTIV-D

第27回 輸入車試乗会 

論評23 モーターショーで興味を抱いた5台

論評22 これでいいのか東京モーターショー

論評21 日本車の生き残りをかけて

執筆者プロフィール

1941年(昭和16年)東京生まれ。東洋工業(現マツダ)入社後、8年間ロータリーエンジンの開発に携わる。1970年代は米国に駐在し、輸出を開始したロータリー車の技術課題の解決にあたる。帰国後は海外広報、RX-7担当主査として2代目RX-7の育成と3代目の開発を担当する傍らモータースポーツ業務を兼務し、1991年のルマン優勝を達成。その後、広報、デザイン部門統括を経て、北米マツダ デザイン・商品開発担当副社長を務める。退職後はモータージャーナリストに。共著に『マツダRX-7』『車評50』『車評 軽自動車編』、編者として『マツダ/ユーノスロードスター』、『ポルシェ911 空冷ナローボディーの時代 1963-1973』(いずれも三樹書房)では翻訳と監修を担当。そのほか寄稿多数。また2008年より三樹書房ホームページ上で「車評オンライン」を執筆。

関連書籍
ポルシェ911 空冷・ナローボディーの時代 1963-1973
車評 軽自動車編
トップページヘ