三樹書房
トップページヘ
catalog
第31回 1940年代のアメリカンドリームカー
2015.2. 2

 昔から、自動車メーカーは新型車の開発にあたって、新しいスタイルやメカニカルな仕掛けを織り込んだ実験車を造って秘密裏にテストを行ってきたが、1940年代に入ると、新しい実験車をあえて公表して市場の反応を見極めたり、モーターショーで自社のブースに観衆を誘導する道具として活用するという、素晴らしいアイデアを思い付いた。近頃はその手のクルマをコンセプトカーと称するが、当時はドリームカー、エクスペリメンタルカー、アイデアカー、ショーカーなどと称していた。
 今回は日本と戦争状態に入る直前に発表されたビュイック「Y-ジョブ(Y-Job)」、クライスラー「サンダーボルト(Thunderbolt)」及び「ニューポート(Newport)」について紹介する。

◆Buick Y-Job
 かつてはボディーのデザインと架装を多くのコーチビルダーに委ねていたアメリカの自動車メーカーの中で、1927年にGMは最初に自前のデザイン部門「Art & Color Section」を設立し、チームのリーダーを務めたのがハーリー・アール(Harley J. Earl)であった。その彼がデザインした、アメリカの量産車メーカーによる最初のコンセプトカーがY-Jobであった。モディファイされた1937年型ビュイック(1938年型ビュイックロードマスターとの資料もある)のシャシーに架装され、完成したのは1939年も終わりに近い頃で、発表されたのは1940年春であった。Y-JobのYは開発途中の戦闘機に使われる記号を拝借し、Jobはハーリー・アールのプロジェクトカーを示すと言われる。
 Y-Jobはショー、ディーラーでの展示を大々的に行うことはせず、ハーリー・アールの日常の足として使用され、彼の所属するソーシャルクラブのメンバーたちを驚かせたという。しかし、1941年12月、日本軍の真珠湾攻撃で戦争に突入したことで、乗用車の生産が1945年までストップしてしまう。Y-Jobは戦時中もハーリー・アールの足として使われ、毎年のように再塗装されてきれいな状態が保たれていた。1947年に一部モディファイされ、戦後のデザイントレンドの先駆者として再度発表されている。そして、1951年に次の足となるドリームカー第2弾であるルセイバー(LeSabre)が登場するまで、Y-Jobはハーリー・アールの足として活躍した。

05-31-01.jpg

1940年に発表された当時のY-Jobとハーリー・アール。撮影場所はサンフランシスコ シビックセンター。低く、幅広く、長い2シーターコンバーティブルで、横長の低いフロントグリル(1942年型にこのモチーフは採用された)、コンシールドヘッドランプ、ランニングボードなしのボディーサイド、フラッシュドアハンドル、コンシールドパワーコンバーティブルトップ、パワーウインドー、13インチの小径ホイール(当時の標準は16インチであった)に冷却フィン付ブレーキドラムなど最新装備を備えていた。(Photo:GM)

05-31-02.jpg

ソフトトップを上げた状態。リアフェンダースカートは戦後の1947年に加えられたもの。あるとき、ハーリー・アールが休暇でフロリダへ向かう途中、ワシントンD.C.でリアタイヤがバーストしてしまった。ところが、フェンダースカートの外し方が、ビュイックディーラーでも分からず、ハーリー・アールがビュイックスタジオのチーフに電話した結果、彼が外し方を説明した3枚のスケッチを用意し、特別便でハーリー・アールに届けたというエピソードがある。どんな構造になっているのだろう。(Photo:GM)

05-31-03.jpg

これは、撮影された時期は不明だが、1970年頃には固定式のヘッドランプに改造されていた。なお、前後バンパー、ドアハンドルからプッシュボタンへの改造、フロントフェンダーにアンテナを追加するなどの変更は1947年に実施されていた。(Photo:GM)

05-31-04.jpg

これはGMヘリティッジセンターに収蔵されている現在の姿。ヘッドランプはオリジナルのコンシールド式に戻されている。Y-Jobで最も話題になったのは「Gunsight(照準器)」あるいは「Bombsight(爆撃照準器)」と言われるフードオーナメントであろう。モディファイされたものが1946年型に採用されると、子供たちのお気に入りとなり、頻繁に盗まれた。自転車のアクセサリーにされたのである。ビュイックは全米の子供たちに一人一個ずついきわたるほど「Bombsight」を造ったのではないかと言われるほどであった。

05-31-05.jpg

Y-Jobのサイドビュー。エアコンがまだ普及していない時代であり、三角窓は必需品であった。隣はシボレー ノマドコンセプト。後方にはキャディラックのコンセプトカー群、ポンティアック バンシーコンセプトなどが並ぶ。

05-31-06.jpg

美しいボートテールのリアビューだが、量産されることはなかった。テールランプがリアフェンダーと一体になったのも当時は斬新なことであった。コンバーティブルトップはメタルデッキの下に完全に収納されているのが分かる。後方にはビュイック、オールズモビル、コルベットのコンセプトカーが並ぶ。

05-31-07.jpg

Y-Jobの運転席。スピードメータはドライバーの真ん前の高い位置に置かれている。丸型メーターを並べるのはハーリー・アールの好みであったのか、その後のコンセプトカーにも多く見られる。

◆クライスラー社の社長K. T. ケラー(Keller)は1941年型のプロモーションの一環として、当時GMが行っていた全米巡回ロードショーの実施を考え、観衆の注目を集めるため2種類のコンセプトカーの製作を決断した。2シーターのリトラクタブルハードトップクーペの「クライスラー サンダーボルト」と、6人乗りデュアルカウルフェートンの「クライスラー ニューポート」であった。同時に6ヵ所でショーを開催することから、それぞれ6台ずつ製作された。ボディーの架装を担当したのは、ブリッグス社(Briggs Mfg. Co.)のカスタムボディーデザインセンター及びコーチビルダーであったルバロン社(LeBaron Carrossiers)で、空力デザインを得意とするアレックス・トレミュリス(Alex Tremulis)とブリッグス社のラルフ・ロバーツ(Ralph Roberts)が担当した。なお、巡回ショー終了後12台はすべて売却されてしまった。ちなみに、ブリッグス社は1953年にボディー工場を「ルバロン」の名前と共にクライスラー社に売却している。

◆Chrysler Thunderbolt
 完成したのは1940年の終わりに近い頃で、クライスラーではボディー型式を「コンバーティブル ロードスター」と称している。名前の「サンダーボルト」はキャプテン ジョージ・アイストン(Capt. George E. T. Eyston)のランドスピードレコードカーから採ったもの。ホイールベース127.5インチ(3238mm)のクライスラーニューヨーカーのシャシーに、5.3リッター143馬力のLヘッド直列8気筒エンジン+「フルードドライブ」オートマチックトランスミッションを積む。タイヤサイズは7.00×15。

05-31-08.jpg

これは1961年11月にクライスラー社のエンジニアリングディビジョンが発行した冊子「Chrysler Corp. IDEA CARS and PARADE CARS 1940-1961」に載ったサンダーボルト。おそらく製作直後の写真と思われる。バスタブタイプのオールスチールボディーは空力を考慮してか、4輪ともフェンダー内に隠されている。注目したいのはリアバンパーで、現在W. P. クライスラーミュージアムに展示されている個体と上下逆である。

05-31-09.jpg

サンダーボルトのサイドビュー。スチール製の電動リトラクタブルトップの作動状況が分かる。ルーフトップを格納した状態でも後部に十分なラゲッジスペースが確保されていた。電動のパワーウインドーも装備されていた。(Photo:FCA)

05-31-10.jpg

05-31-11.jpg

05-31-12.jpg

上の3点は発表当時発行された資料で、6台すべて異なる塗色とトリムが施されていた。コンシールドヘッドランプ、ドアの開閉は内側、外側ともプッシュボタンによって行われた。ラジエーターグリルは無く、冷却はバンパー下の開口部から空気を取り入れて行う。サイドモールディング類の材質はほとんどがアルマイト。なお、後ろ姿は無いが、これらの絵からリアバンパーの左右についたフィンは上についているように見える。

05-31-13.jpg

05-31-14.jpg

上の2点は現在W. P. クライスラーミュージアムに所蔵されているサンダーバード。リアバンパーはこの方がフロントバンパーとのバランスが良いと思うのだが。どちらが正しいのかは未確認である。どなたかご存知の方がおられたらご教示願いたい。

◆Chrysler Newport
 サンダーボルトと同様、デザインはアレックス・トレミュリスとラルフ・ロバーツによる。ニューポートは1930年代まで多くの独立したコーチビルダーによって競うように造られてきたデュアルカウルフェートンの進化型としての試みであり、大恐慌後は需要も減り、第2次世界大戦が終わり英雄たちの凱旋パレードに使われることはあるかもしれないが、需要は期待できないことは承知の上であった。ニューポートはルバロン社が手掛けた最後のスペシャルフェートンとなった。ホイールベース145.5インチ(3696mm)のクライスラーインペリアルのシャシーに架装され、エンジンとトランスミッションはサンダーバードと同じだが、こちらはオールアルミボディーをまとう。タイヤは7.50×15を履く。
 1941年のインディアナポリス500マイルレースではペースカーとして活躍した。量産車以外が選ばれたのは初めてと言われているが、1996年にPublications International, Ltd.から発行された「INDY 500 PACE CARS」(ISBN:0-7853-2063-6)によると、その後の研究で、1915年のレースでペースカーを務めたパッカードModel 5-48が、量産車とは異なるエンジンを積んだスペシャルであったことが分かり、ニューポートは量産車以外で2番目となると記されている。

05-31-15.jpg

「Chrysler Corp. IDEA CARS and PARADE CARS 1940-1961」に載ったニューポート。コンシールドヘッドランプ、ドアはプッシュボタンで開閉される。

05-31-16.jpg

発表当時の資料でコンシールドヘッドランプの点灯時の様子が分かる。

05-31-17.jpg

05-31-18.jpg

05-31-19.jpg

上の3点は現在W. P. クライスラーミュージアムに所蔵されているニューポート。6人乗りで、前後のシートには独立した平面ガラスで、前に倒すことが出来るウインドシールドが備わる。油圧作動のソフトトップが装着されているがドアガラスは無く、サイドカーテンを備える。この個体はフロントグリルの横桟が他の写真とは異なり、細く、本数が多い。また、クライスラー社によって買い戻された時には固定式ヘッドランプにストンガードが付いた状態に改造されていたが、現在はオリジナルのコンシールドランプに戻されている。この個体は以前、ハリウッド女優のリタ・ヘイワースが所有していたとの説があるが、確かに彼女が一時ニューポートを所有したことはあるが、この個体ではないとW. P. クライスラーミュージアム発行の「Forward」誌2000年春号で否定している。

このページのトップヘ
BACK NUMBER

第90回 東京オートサロン 2020

第89回 戦後のアメリカンコンパクトカー(1)

第88回 シトロエンのロータリーエンジン車

第87回 シトロエン トラクシオンアヴァン

第86回 シトロエン創立100周年記念イベント

第85回 「モーターファン」誌1952年1月号に載った広告

第84回 英国人のハートをつかんだフィガロ

第83回 サクラ・オートヒストリーフォーラム2019

第82回 ジャパン・クラシック・オートモービル 2019

第81回 Automobile Council 2019

第80回 MINIの60周年記念

第79回 日産自動車初の大型トラック&バス(80型/90型)

第78回 東京オートサロン 2019

第77回 新町暮らシックCarまちなか博物館

第76回 2018トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバルin神宮外苑

第75回 三菱500

第74回 空飛ぶクルマ

第73回 Automobile Council 2018

第72回 戦後から1950年代初頭のジャガー

第71回 フォルクスワーゲンのアメリカ進出

第70回 ACC・JAPANの東京交歓会

第69回 1949年型アメリカ車 – フォード編

第68回 1949年型アメリカ車 –クライスラー編

第67回 サーブ 92

第66回 東京オートサロン2018

第65回 ボルボ・カー・ジャパン、1959年式PV544をトヨタ博物館へ寄贈

第64回 2017トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバルin神宮外苑

番外編 2017トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバルin神宮外苑

第63回 1948年型アメリカ車 – インデペンデント編

第62回 1948年型アメリカ車 – ビッグ3編

第61回 Automobile Council 2017

第60回 1947年型アメリカ車 – インデペンデント編

第59回 1947年型アメリカ車 - ビッグ3編

第58回 戦時下に発行されたアメリカ車メーカーのポスター

第57回 AC & Shelby AC Cobra - 2

第56回 AC & Shelby AC Cobra - 1

第55回 ナッシュヒーレー&ハドソンイタリア

第54回 東京オートサロン2017

第53回 リンカーン コンチネンタル

第52回 2016トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑

第51回 クライスラー300 レターシリーズ – その2

第50回 Automobile Council 2016 – そのⅡ

第49回 Automobile Council 2016

第48回 クライスラー300 レターシリーズ – Ⅰ

第47回 フォードランチェロ

第46回 1954年カイザー・ダーリン161

第45回 1950年代ポンティアックのドリームカー

第44回 1950年代オールズモビルのドリームカー

第43回 1950年代ビュイックのドリームカー

第42回 1950年代キャディラックのドリームカー

第41回 クラシックカー・フェスティバル

第40回 アメリカの初期SUV/MPV

第39回 メトロポリタン

第38回 フォード サンダーバード

第37回 シボレーコルベット(第1世代 – 2/2)

第36回 シボレーコルベット(第1世代 – 1/2)

第35回 1950年代のアメリカンドリームカー(4)

第34回 1950年代のアメリカンドリームカー(3)

第33回 1950年代のアメリカンドリームカー(2)

第32回 1950年代のアメリカンドリームカー(1)

第31回 1940年代のアメリカンドリームカー

第30回 戦後のアメリカ車 - 11 :1940年代の新型車(フォード)

第29回 戦後のアメリカ車 - 10 :1940年代の新型車(GM)

第28回 戦後のアメリカ車 - 9 :1940年代の新型車(パッカード)

第27回 戦後のアメリカ車 - 8 :1940年代の新型車(タッカー)

第26回 戦後のアメリカ車 - 7 :1940年代の新型車(ナッシュ)

第25回 戦後のアメリカ車 - 7 :1940年代の新型車(ハドソン)

第24回 戦後のアメリカ車 - 6 :1940年代の新型車(クライスラー・タウン&カントリー)

第23回 戦後のアメリカ車 - 5 :1940年代の新型車(クロスレイ)

第22回 戦後のアメリカ車 - 4 :1940年代の新型車(カイザー/フレーザー)

第21回 戦後のアメリカ車 - 3 :1940年代の新型車(スチュードベーカー)

第20回 戦後のアメリカ車 - 2 :1940年代の新型車(ウイリス/ジープ)

第19回 戦後のアメリカ車 - 1 :1946年型の登場(乗用車の生産再開)

第18回 アメリカ車 :序章(6)1929~1937年コード・フロントドライブ

第17回 アメリカ車 :序章(5)1934~37年クライスラー・エアフロー

第16回 アメリカ車:序章(4)1924~1929年

第15回 アメリカ車 :序章(3)1917~1923年

第14回 アメリカ車 :序章(2)フォード モデルT(1908年~1927年)

第13回 アメリカ車 :序章(1) 登場~1919年

第12回 AF+VKの世界:1959~1971年型ポンティアックのカタログ

第11回 コペンの屋根:リトラクタブルハードトップ

第10回 スクリーンで演技するクルマたち

第9回 シトロエンDSのこと

第8回 よみがえった『力道山のロールスロイス』

第7回 メルセデス・ベンツ300SL - SLクラスの60周年を祝して

第6回 近代的国産乗用車のタネ:外車のKD生産(その2)

第5回 近代的国産乗用車のタネ:外車のKD生産(その1)

第4回 短命だった1942年型アメリカ車のカタログ

第3回 「ラビット」から「スバル」へ - スバル最初の軽乗用車と小型乗用車

第2回 「キ77」と電気自動車「たま」。そして「日産リーフ」

第1回 自動車カタログ収集ことはじめ

執筆者プロフィール

1937年(昭和12年)東京生まれ。1956年に富士精密機械工業入社、開発業務に従事。1967年、合併した日産自動車の実験部に移籍。1970年にATテストでデトロイト~西海岸をクルマで1往復約1万キロを走破し、往路はシカゴ~サンタモニカまで当時は現役だった「ルート66」3800㎞を走破。1972年に海外サービス部に移り、海外代理店のマネージメント指導やノックダウン車両のチューニングに携わる。1986年~97年の間、カルソニック(現カルソニック・カンセイ)の海外事業部に移籍、うち3年間シンガポールに駐在。現在はRJC(日本自動車研究者ジャーナリスト会議)および米国SAH(The Society of Automotive Historians, Inc.)のメンバー。1954年から世界の自動車カタログの蒐集を始め、日本屈指のコレクターとして名を馳せる。著書に『プリンス 日本の自動車史に偉大な足跡を残したメーカー』『三菱自動車 航空技術者たちが基礎を築いたメーカー』『ロータリーエンジン車 マツダを中心としたロータリーエンジン搭載モデルの系譜』(いずれも三樹書房)。そのほか、「モーターファン別冊すべてシリーズ」(三栄書房)などに多数寄稿。

関連書籍
ロータリーエンジン車 マツダを中心としたロータリーエンジン搭載モデルの系譜
三菱自動車 航空技術者たちが基礎を築いたメーカー
トップページヘ