automobile
ダットサンの忘れえぬ七人
ダットサンの忘れえぬ七人
設立と発展に関わった男たち
新訂版
下風憲治著 片山 豊監修
■定価 本体2,000円+税 ■ISBN978-4-89522-679-0
■2017年11月発売

ニッサンを世界のブランドへと成長させた「ダットサン」。その設立と発展に貢献した、橋本増治郎をはじめ、鮎川義介など七人の足跡を丹念に調べ上げ、自動車産業の黎明期をふりかえる。2010年3月刊行の同書の新訂版。

amazon.co.jpで購入セブンアンドワイで購入 直接購入

はじめに

一 橋本増治郎

 一 渋谷村廣尾八八番地
 二 農商務省海外実業練習生
 三 田、青山、竹内(DAT)、三人との出会い
 四 DAT(脱兎)自動車の完成
 五 われも黄金(こがね)の釘(くぎ)一つ打つ

二 田健治郎

 一 狭く険しかった中央官吏への道
 二 高知・神奈川・埼玉の若き県警部長
 三 田健治郎の日露戦争
 四 田家三代の男達

三 青山禄郎

 一 青山の日露戦争
 二 ヒーリング商会東京支社長
 三 残照は今の世に輝く

四 竹内明太郎
 一 会議に席次(せきじ)を設けず
 二 父、竹内綱
 三 工業は富国の基
 四 早稲田理工科の寄付
 五 無名の英雄の死

五 鮎川義介

 一「貴様はエンジニアになれ」
 二 異色の経営者の誕生
 三 久原鉱業の経営危機
 四「ダット乗用車完成」のニュースが
 五 ダットサン・ブランドを世に広めた人達
 六 自動車製造事業法の成立
 七 満州重工業の挫折
 八 鮎川、八八年の履歴書と決算書

六 ウィリアム・ゴーハム

 一 天才エンジニア、日本へ行く
 二 アメリカン・エンジニアリングの神髄を日本へ
 三 天皇陛下地方巡幸の初日に
 四 帰化日本人、多摩霊園に眠る

七 片山豊

 一 その日、ダットサンがオフライン
 二 戦後の暗い夜空に輝いた一番星、ダットサン・スポーツ
 三「東京でモーターショーをやろう」
 四 オーストラリア・ラリーに挑戦する
 五「あなたが先に儲けて欲しい」
 六「ミスターK」がアメリカに残したもの
 七「ニッサン不振の根本原因はここにある」
 八 ダットサン・ブランドを消し去ったのは
 九 ミスターK、自動車の殿堂に入る
 一〇 いつの日か再びダットサンを

おわりに