generalbook
落語で辿る江戸・東京三十六席。
落語で辿る江戸・東京三十六席。
新訂版
林 秀年著
■定価 本体1,800円+税 ■ISBN978-4-89522-673-8
■2017年9月発売

有名な古典落語から36作品を選んで紹介。噺のあらすじはもちろんのこと、古典落語によく登場する、吉原をはじめとした江戸文化についても当時の図版を用いて解説。また、大きな活字で、落語好きの多い「団塊の世代」読者にも配慮している。2006年刊行の同書に、新たに判明した事実などを追加した新訂版。

amazon.co.jpで購入セブンアンドワイで購入 直接購入

目 次

一 明烏
二 長屋の花見
三 湯屋番
四 悋気の火の玉
五 三方一両損
六 たがや
七 居残り佐平次
八 目黒のさんま
九 小言幸兵衛
十 宿屋の富
十一 芝浜
十二 御慶
十三 崇徳院
十四 大山詣り
十五 らくだ
十六 子別れ
十七 堀の内
十八 おせつ徳三郎
十九 宮戸川
二十 文違い
二十一 王子の狐
二十二 品川心中
二十三 素人鰻
二十四 付き馬
二十五 唐茄子屋政談
二十六 百川
二十七 甲府い
二十八 ちきり伊勢屋
二十九 今戸の狐
三十  文七元結
三十一 佃祭
三十二 井戸の茶碗
三十三 鰍沢
三十四 黄金餅
三十五 蔵前駕籠
三十六 柳田格之進

673_00.jpg
673_01.jpg
673_02.jpg

サンプルPDF